不要不急の行動自粛

ページID 1023589 更新日 令和3年9月10日

印刷大きな文字で印刷

不要不急の行動自粛

  • 感染力の強いデルタ株などの変異株を厳重に警戒し、人の移動と、人と人との接触機会の抑制を図るため、生活に必要な場合(※)を除き、日中も含め、外出は自粛してください。
    ※生活に必要な場合の例
     医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な出勤・通学、自宅近隣における屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なもの
     
  • 特に、人出の半減を目指して、混雑した場所等への外出の自粛を強くお願いします。
     
  • 20時以降の不要不急の外出自粛や飲食店等にみだりに出入りしないでください。
     
  • 外出は、すいた時間と場所を選んで、混雑して人の多い場所には出かけないでください。家族など、いつも一緒にいる人と、ステイホームをお願いします。
     
  • 外出する必要がある場合は、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で、混雑している場所や時間を避け、感染対策が徹底されていない飲食店や営業時間短縮要請に応じていない飲食店の利用を自粛してください。
    【留意事項】
     酒類やカラオケ設備を提供する居酒屋、バー、カラオケボックスなどの飲食店や遊興施設には、県から休業が要請されることになっています。(これらの店が酒類やカラオケ設備を提供しない場合は以下に同じ)
     上記以外の飲食店や遊興施設には、20時までの営業時間短縮が県から要請されます。
     
  • 路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動については自粛してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6168
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。