「厳重警戒」での感染防止対策(愛知県より)

ページID 1023599 更新日 令和4年5月10日

印刷大きな文字で印刷

上記の画像をクリックし、ご確認ください(愛知県ホームページにリンクします)。



外出の注意点

 混雑した場所や感染リスクが高い場所は避けて行動してください。


県をまたぐ移動の注意点

 帰省や旅行等、県をまたぐ移動は、「3つの密」の回避を含め基本的な感染防止対策を行っていただくとともに、移動先での感染リスクの高い行動は控えてください。


高齢者等への感染拡大の防止

  • 重症化しやすい高齢者、基礎疾患のある方々、妊婦の皆さんが感染しないよう、人と人との距離の確保やマスク着用(不織布マスクを推奨)など、基本的な感染防止対策をお願いします。
     
  • これらの方々も、感染リスクの高い施設の利用を避け、いつも会う人と少人数で会う等、感染防止対策をお願いします。

基本的な感染防止対策

  • 「感染しない、感染させない」を意識して行動してください。  
     
  • 特に、若い世代の方々は、基本的な感染防止対策を行ってください。
     
  • 会食・飲食する際は、同じグループで同じテーブルに4人までを目安に(介助や介護を要する場合は除く)、黙食を基本とし、飲食する時だけマスクを外し、会話の際には「マスク会食」をしてください。また、「大声で騒ぐこと」は、飛まつ感染につながるため、やめていただくようお願いします。 
     
  • 「ニューあいちスタンダード認証店(以下「あいスタ認証店」という。)や「安全・安心宣言施設」のステッカー掲載店で、感染防止対策が徹底されている店を利用してください

「あいスタ」認証店ステッカー


、

  • ワクチン接種を終えた方も含めて、日頃から、「3つの密」が発生する場所を避け、 大人数や長時間におよぶ飲食など「感染リスクが高まる5つの場面」では、マスクの着用、手指消毒等、基本的な感染防止対策を行ってください。
     
  • タクシーやバス・電車等の公共交通機関では、常にマスクを着用し、大声での会話は控えてください。
     
  • 適切な温度・湿度等を保ちつつ、十分な換気を行ってください。
     
  • 家庭内においても、室内を定期的に換気し、こまめに手洗いを行っていただくとともに、子どもの感染防止策を実施してください。
     
  • 発熱等の症状が出た場合、あるいは、薬局等におけるPCR等検査の結果が陽性であった場合は、かかりつけ医等の地域の医療機関や、保健所に設置された「受診・相談センター」等に電話相談の上、県が指定した「診療・検査医療機関」を受診してください。
     
  • 無症状でも感染の不安がある場合は、PCR等検査を受けてください。
     
  • 接触確認アプリCOCOAを活用し、検査の受診など保健所の早期サポートにつなげてください。

行事等での対策

 多数の人が集まる行事については、人と人との距離の確保・マスクの着用・手指衛生・大声での会話の自粛など「基本的な感染防止対策」をお願いします。


テレワークの推進等

  • 事業者は、接触機会の低減に向け、休暇取得の促進やテレワーク、ローテーション勤務の推進をお願いします。また、テレワークの活用等による出勤者数削減の実施状況を自ら積極的に公表し、取り組みを推進するようお願いします。
  • 時差出勤、週休や昼食時間の分散化など、通勤・在勤時の「3つの密」を防ぐ取り組みにご協力をお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6168
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。