新型コロナワクチンの接種について

ページID 1025047 更新日 令和3年10月22日

印刷大きな文字で印刷

ワクチン接種について

接種回数

 ファイザー社製ワクチンは、18日~21日(3週間程度)の間隔をあけて、2回接種します。

 モデルナ社製ワクチンは、4週間の間隔をあけて、2回接種します。

接種費用

 無料

接種を受ける際の同意

 ワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

市外の医療機関で接種を受ける場合(住所地外接種)

やむを得ない事情で住民票所在地以外で接種を受ける場合は、接種する市町村で申請が必要です。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチンの接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

電話相談窓口

 新型コロナウイルスワクチン接種に関する質問や相談に対応するコールセンターを開設しています。

 詳細は下のリンクからご覧いただけます。

愛知県からのワクチン関連情報

ワクチン接種の申し込み

1回目接種の申し込みを受け付けています。3回目接種については、受け付けを開始しておりません。詳細が決まり次第、市ホームページへ掲載します。

新型コロナワクチン接種券の再発行について

接種券がお手元にない場合は、市コールセンターへ電話もしくは下記リンク「新型コロナワクチン接種券再発行申し込みフォーム」よりお申し込みください。


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室(コールセンター)

電話:0120-567-350

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。