市外で接種を受ける場合(住所地外接種)

ページID 1025272 更新日 令和3年6月29日

印刷大きな文字で印刷

住所地外接種

次の事情により、住民票所在地以外で接種を受ける場合は、接種を受ける市町村での申請が必要です。

  • 単身赴任者、下宿中の学生
  • DV、ストーカー等で被害を受けている方
  • その他やむを得ない事情で住民票所在地外に居住している方

次の事情により、住民票所在地以外で接種を受ける場合は、申請は不要です。

  • 入院・入所中の方
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスを利用される方
  • 基礎疾患を有しており、主治医の下で接種する方
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する方
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留又は留置されている方、受刑者
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請をすることが困難である方
  • 職域接種を受ける方

申請についての詳細は、コールセンター(0120-567-350)にご連絡ください。

申請は、コロナワクチンナビからオンラインで行うこともできます。(7月5日開始)

※ コールセンター又はインターネット予約で集団接種や一部の医療機関での接種の申し込みを行う場合は、別途手続きが必要です。詳しくはコールセンターにお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室(コールセンター)

電話:0120-567-350

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。