妊婦の方に対する新型コロナワクチン接種について

ページID 1026265 更新日 令和3年11月5日

印刷大きな文字で印刷

妊婦の方に対するワクチン接種の実施について

妊婦の方へのワクチン接種の概要

概要 

 日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会及び日本産婦人科感染症学会は合同で、8月14日、妊婦に対する新型コロナワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)の接種を勧めるメッセージを公表しました。

 その中で、妊婦は、感染してしまうと重症化のリスクが高いとされていることから、妊娠中の時期を問わずワクチンを接種することを勧めているほか、妊婦が感染する場合の8割は、夫又はパートナーからの感染だとして、妊婦の夫又はパートナーの接種を勧めています。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室(コールセンター)

電話:0120-567-350

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。