オミクロン株対応2価ワクチンの追加接種について

ページID 1029771 更新日 令和4年11月30日

印刷大きな文字で印刷

オミクロン株対応2価ワクチンの接種間隔が「前回接種から3か月後」に短縮されました。

オミクロン株対応2価ワクチンの追加接種について

追加接種(オミクロン株対応2価ワクチン)の概要

初回接種(1・2回目接種)が完了していない方は接種することができません。

 現在、流行しているオミクロン株に対応した成分が含まれるため、従来ワクチンを上回る重症化予防、短期間ではありますが感染予防効果及び発症予防効果が期待されるとして、国の方針に基づきオミクロン株対応2価ワクチン接種を実施します。

対象者・接種回数

初回接種(1・2回目接種)が完了して、前回接種から3か月以上経過している12歳以上の方で1回接種

ワクチン種類

・ファイザー社製オミクロン株対応2価ワクチン(BA.1又はBA.4-5)

・モデルナ社製オミクロン株対応2価ワクチン(BA.1又はBA.4-5)

 

接種券の発送スケジュール

現在、お手元に3回目または4回目の接種券付き予診票をお持ちの方は、そちらをお使いください。

前回接種時から春日井市に住民登録がある方

前回接種日から3か月経過する頃に順次、接種券を発送します。

接種券の発行申請が必要な場合

次の場合は春日井市において接種記録を把握していないため、接種券の発行申請が必要です。

・春日井市以外の接種券で前回接種をした後に春日井市に転入をしてきた場合

・海外で従来型ワクチンを接種した場合

・海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業で2回以上接種した場合

・在日米軍従業員接種で2回以上接種した場合

・製薬メーカーの治験において2回以上接種した場合

・その他の理由により、接種記録が春日井市で確認できず、接種券が発行されていない場合

接種間隔の考え方

接種間隔

「3か月以上経過した日」については、前回接種を行った日から3か月後の同日から接種可能です(例1)。3か月後に同日がない場合は、その翌月の1日から接種可能となります(例2)。

接種間隔カレンダー

1・2回目接種は集団接種で引き続き接種できます。

1・2回目の接種を終えていない12歳以上の方で、オミクロン株対応2価ワクチンの追加接種を希望される場合は、令和4年12月末までに2回目接種を完了することをご検討ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室(コールセンター)

電話:0120-567-350

健康福祉部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。