新型コロナウイルス感染症対策における公共施設等の対応について

ページID 1019700 更新日 令和2年9月18日

印刷大きな文字で印刷

公共施設等の対応について

9月19日以降、施設利用の制限を緩和します

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、6月1日(月曜日)以降、感染防止対策を徹底することで段階的に利用を再開しております公共施設については、9月19日(土曜日)から11月末までの間、その制限を緩和します。なお、引き続き、3密(密閉、密集、密接)の回避、定期的な換気、マスク着用や消毒など感染防止対策の徹底を行った上での利用となります。また、施設の貸館の利用制限が緩和されることに伴う利用申込の取消しや変更については、各施設にお問い合わせください。

【大声の発生を伴わない活動】
(例)文学、歴史、科学、美術分野の活動等
感染防止対策の徹底を前提に収容定員(100%)を上限とします。収容定員が設定されていない場合は、密が発生しない程度の間隔(最低限人と人が接触しない程度の間隔)を確保した上での利用となります。

【大声の発生を伴う活動、マスクの着用ができない活動、飲食等を伴う活動】
(例)合唱、カラオケ、詩吟、民謡、演劇、吹奏楽、ハーモニカ、軽運動、料理等
これまで通り、屋内の場合は収容定員の半分程度以内とし、屋外の場合は人と人との距離を十分に確保した上での利用となります。また、参加者の位置が固定され、入退場時や区域内の適切な行動確保ができるものについては、同一グループ内(5人以内)では座席等の間隔は設ける必要はありません。
 

子育て支援施設等の対応について

春日井市民病院の対応について

スポーツ施設・公園等の対応について

文化施設の対応について

福祉施設の対応について

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民安全課

電話:0568-85-6072
総務部 市民安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。