かすがい新生児特別給付金

ページID 1021081 更新日 令和2年9月2日

印刷大きな文字で印刷

かすがい新生児特別給付金を支給します

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てにおいても普段とは異なる様々な負担が生じることが想定されることから、市独自の子育て支援策として、新生児(令和2年4月28日から令和3年3月31日までに生まれた児童)の父又は母に、新生児1人当たり30,000円を支給します。


支給対象となる新生児

令和2年4月28日から令和3年3月31日までに生まれ、出生により市内に住民登録をした新生児

※ 市外からの転入により住民登録をした新生児は対象外です。


支給額

新生児1人当たり30,000円 ※非課税所得になります。


支給対象者

支給対象となる新生児の父又は母で、新生児の出生日において市内に住民登録がある者


申請方法

次のとおり申請書と返信用封筒を配付しますので、令和3年5月31日までに申請してください。

(1) 8月2日までに出生届を提出した場合

    8月7日に、市から個別に申請書を発送しました。

(2) 8月3日以降に出生届を提出した場合

   出生届提出時にお渡しします。

  ※市外で出生届を提出された方は、市から個別に申請書を発送します。

  ※新型コロナウイルス感染症対策のため、原則郵送で申請してください。


支給方法・支給時期

市が申請書を受付けた日の翌月末頃に、指定された口座に支給します。

支給日は、支給決定通知書によりお知らせします。「カスガイシンセイジ」の振込依頼人名で振り込みます。


よくあるご質問

問1 いつからいつまでに生まれた新生児が対象ですか。

令和2年4月28日から令和3年3月31日までに生まれ、出生により市内に住民登録をした新生児が対象です。
 

問2 支給額はいくらですか。

新生児1人当たり30,000円(1回限り)です。

 

問3 誰に支給されますか。(支給対象者)

対象新生児の父又は母に支給します。

ただし、新生児の出生日時点で市内に住民登録がない場合、支給の対象となりません。

 

問4 出生により、他市で住民登録をした後に、市内に住民票を異動した場合は支給の対象となりますか。

他市から市内に転入した新生児は、支給の対象となりません。

 

問5 出生により、市内で住民登録をした後に、市外に住民票を異動した場合は支給の対象となりますか。

支給対象の条件に該当する場合は、その後に転出しても支給の対象となります。

 

問6 申請書はどこに提出すればいいですか。

かすがい子育て生活支援金等事務室へ提出してください。なお、新型コロナウイルス感染症対策のため、返信用封筒に入れて郵送による提出にご協力ください。

  

問7 所得制限はありますか。

所得・収入による条件はありません。

また、住民税非課税世帯、生活保護受給世帯などの世帯状況に関わらず支給します。

 

問8 申請期限はありますか。

令和3年5月31日(月曜日)です。※当日消印有効。


問9 申請するときに必要な書類はありますか。

通帳のコピーなどの給付金の受取口座を確認できる書類が必要です。

対象児童と別居している方は、運転免許証などの本人確認書類のコピーも必要です。 

 

問10 かすがい子育て生活支援金(1人当たり15,000円)はもらえますか。

「かすがい新生児特別給付金」の対象となる新生児は、「かすがい子育て生活支援金」の支給対象の条件に該当しないため、支給されません。

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 かすがい子育て生活支援金等事務室

電話:0568-85-6329
青少年子ども部 かすがい子育て生活支援金等事務室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。