市内をバスで探索しよう

ページID 1010860 更新日 平成29年12月12日

印刷大きな文字で印刷

バス

市内には、自由研究にも役立つ歴史や文化を感じることができる場所がたくさんあります。
さあ、バスに乗って、探検に出発しましょう。

8月2日(火曜日) 春日井のむかし話バスツアー 企画政策課(電話85-6031)

8月2日(火曜日) 春日井のむかし話バスツアー 

市に古くから伝わる民話・伝承の舞台をバスで巡り、春日井郷土史研究会による解説や朗読を楽しみませんか。
とき 午前9時~正午
集合・解散 文化フォーラム春日井
対象 小学生 (保護者同伴可)
定員 20人(抽選)
申し込み 7月15日(金曜日)〈必着〉までに、はがきかEメールに催し名、住所、氏名(同伴者も)、電話番号、年齢を書いて、〒486-8686春日井市企画政策課(Eメールkikaku@city.kasugai.lg.jp)へ

春日井広報大使の宮本忠博さんが同行します

春日井広報大使の宮本忠博さんが同行します

「参加した人だけが味わえる、むかし話を実際に体感できるツアーです。レアな場所に入ることができるかも!?ぜひ参加してください。」

はあとふるライナーに乗って自由研究に出掛けよう 交通対策課(電話85-6052)

はあとふるライナーの沿線には、興味深い資料を展示している施設がたくさんあります。
夏休みを利用して、家族そろって足を運んでみませんか。

昔と今の“くらし”を比較してみよう

今、みんなが当たり前のように使っている電化製品は、おじいちゃんやおばあちゃんが子どもの頃からあるのかな。昔はどんな“くらし”をしていたのか、民俗考古展示室で調べてみよう。
中央公民館 文化財課(電話33-1113)
アクセス 
西環状線「中央公民館」下車徒歩約1分
とき 午前9時~午後4時30分 ※月曜日休館 

昔と今の“くらし”を比較してみよう

昔と今の“くらし”を比較してみよう

世界の人たちの“くらし”を調べてみよう

アジアやアフリカなど、世界の人たちはどんな“くらし”をしているのかな。世界各地の民族衣装や楽器、日常生活で使う道具が展示されているので、私たちの“くらし”とどう違うのかを調べてみよう。
中部大学 民族資料博物館(電話51-9193)
アクセス 東環状線「平和公園口」下車徒歩約8分(名鉄バス「中部大学」下車徒歩約5分)
とき 午前9時30分~午後4時30分  ※7月、8月は土・日曜日〈7月9日(土曜日)、8月6日(土曜日)・7日(日曜日)を除く〉、祝日と夏期休暇期間〈8月8日(月曜日)~15日(月曜日)〉休館

世界の人たちの“くらし”を調べてみよう

世界の人たちの“くらし”を調べてみよう

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6036
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。