私らしく輝く

ページID 1015126 更新日 平成30年10月29日

印刷大きな文字で印刷

私らしく輝く

私らしく働く、私らしく楽しむ、私らしく笑う。女性の活躍には、輝き方もいろいろあるはず。そんな市内で働いている輝く女性の声を聞きました。

ウィズ・ティー経営 真崎玲子さん

真崎玲子さんの写真

周りの助けがあって夢を実現することができました

 今年で21年目を迎えたカフェ「ウィズ・ティー」を経営する真崎さん。開業前は接客業の仕事をしてい
たため、何か店を開きたいと思っていたところ、落ち着いた雰囲気のカフェに出会い、自分もカフェを開
こうと決意。2年後に開店しました。
 「開店当初は仕事に夢中になり、家庭とのバランスをうまく取ることができていない時期もありまし
たが、母親や夫など周囲の助けもあり、今は仕事と家庭、趣味とのバランスは取れています」
 「私はカフェを開くという夢を実現することができました。夢や目標が見つかったら周りの人に伝える
ことが大切です。アドバイスや助けをもらうことで、一人ではできなかったことができるようになります。
これからも趣味の英会話とカラオケをしながら、できるだけ長くカフェを続けていきたいです」

 

 

中央ライブ株式会社勤務 安井絵利香さん

安井絵利香さん写真

ママインターンで生活にめりはりが生まれました

 今年の1月から保険代理店の中央ライブ株式会社で勤務している安井さん。パート社員として週3日程度、書類の作成や整理、窓口対応など営業職の社員をサポートしています。
 「2人の子どもを育てながら、短時間勤務などの自分に合う勤務条件の職場がなく困っていたところ、小学校の放課後教室にあったママインターンのチラシを見て参加し、そのまま今の会社へ就職しました」
 「ママインターンに出会い仕事ができているおかげで、生活にめりはりが生まれました。育児に対する職場の理解もあるため、できるだけ長く仕事を続けていきたいです。今後は趣味のヨガで息抜きをしながら、仕事も子育ても家事も全力で取り組んでいこうと思います」

株式会社サトウパイプ勤務 羽田百合香さん

羽田百合香さん写真

男性が多い職場で頑張っています

 空調機、自動車などに用いる金属パイプを切断、曲げ加工する株式会社サトウパイプに勤務する入社3年目の羽田さん。入社当時は製造部に勤務しパイプの加工作業を行っていましたが、今は生産・納期管理の事務作業に携わっています。「入社当時は男性が多く働く体力勝負の現場で『女性だから…』と言われることが多く、苦労しましたが、先輩社員から作業の技術を習得していくにつれて作業スピードも上がり、周りから信頼を得ることができました」
 「生産管理部門では、取引先からの納期が大変なこともありますが、趣味の旅行やテニスを楽しみに仕事に取り組んでいます。今後は、経理などの事務仕事も覚えて会社に貢献していき、『男性が多い職場で羽田さん活躍しているね』と言われるように頑張っていきたいです」

studio Beau経営 榎本加代子さん

榎本加代子さん

一人でも多くの人を笑顔に

 フィットネススタジオ「studio Beau」をオープンして3年目を迎えた榎本さん。パーソナルトレーナーやダンスのインストラクターを行っていましたが、「レッスンを習うことができる決まった場所があるといいね」という教え子の声から、自分のスタジオを持つことを決心し、約1年で開業しました。
 ダンス歴約30年の榎本さんは「もっとダンスがうまくなりたい」と、仕事と趣味を兼ねている様子。「仕事をしていく上で、人間関係や絆づくりは大切にしています。家族の理解や素晴らしい仲間に支えられたから今があります。今後も、仕事を通じて一人でも多くの人に笑顔を届けられたらと思います。また、夢をかなえるためには、『こんなことをしたいな』と思ったら、まず何か行動に移すことが大切です。その行動が次へのエネルギーに変わり、きっと成功するはずです」

女性の活躍と男女共同参画

 「新かすがい男女共同参画プラン2012-2021(改定版)」は、「女性の活躍推進」と「ワーク・ライフ・バランスの推進」、「男女共同参画の意識啓発」を重点とし、取り組みを進めています。女性が活躍することにより、男性の家事・育児・介護の参加など男性の働き方を見直すことができ、男性も女性も、あらゆる分野で活躍できる社会の実現につながります。これからも、一人一人が個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現を目指します。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 男女共同参画課

電話:0568-85-4401
市民生活部 男女共同参画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。