平成31年度当初予算

ページID 1016469 更新日 平成31年3月29日

印刷大きな文字で印刷

平成31年度当初予算

一般会計 1020.7億円(前年度から27.9億円増)

 社会保障関係費の増大や消費税率の引き上げに伴う経費に的確に対応するとともに、「暮らしやすさと幸せをつなぐまち かすがい」を多くの市民の皆さんが実感できるよう、子育て・教育環境の充実や新たなにぎわいの創出、産業振興に重点を置いた予算を編成しました。


一般会計歳入

 幼児教育・保育の無償化や、消費税率の引き上げに伴う景気対策の一環として実施する「低所得者・子育て世帯向けプレミアム付商品券事業」のため、国・県支出金が増加しました。また、公共施設の改修や公債費などに充てるため、基金からの繰入金が増加しました。
 一方、市債については、朝宮公園多目的総合運動広場の整備に着手するものの、衛生プラントや市民会館の改修工事などが完了したため減少しました。


歳入


特別会計

 特定の目的・人を対象に実施する事業について、目的に沿った収支を明確にするため一般会計とは別に経理するものです。

特別会計表


企業会計

 使用料などの収入で経費を賄う事業について、一般的な企業に類する方法により経理するものです。

企業会計表


一般会計歳出

 扶助費は、新園の開設などに伴う保育サービス費の増加や、利用者数の伸びに伴う障がい者福祉サービス費の増加などを見込んでいます。物件費は、一定年齢の男性に対する風しんワクチンの定期予防接種化などに伴う感染症予防対策費の増加の他、参議院議員通常選挙などの選挙費や、11月に開設予定のふれあい農業公園の管理費などの増加を見込んでいます。

一般会計歳出グラフ

このページに関するお問い合わせ

財政部 財政課

電話:0568-85-6607
財政部 財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。