「水害」に備えよう

ページID 1016663 更新日 平成31年4月24日

印刷大きな文字で印刷

水害はいつ起きるか分かりません。「その時」に備え、今から家庭や地域でできることを考えてみましょう。

情報を入手しましょう

メールを受信したイラスト

 水害による被害を避けるためには、情報収集がとても重要になります。警報・注意報などの情報を小まめにチェックしましょう。

問い合わせ 市民安全課(電話85-6072)

安全安心情報ネットワーク

安全安心情報ネットワークQRコード

 警報・注意報などの気象情報の他、避難情報や土のう事前配布、訓練の案内など防災に関する情報も発信します。
 スマートフォンや携帯電話で右のQRコードを読み取るか、空メールをt-kasugai■sg-m.jpに送信して登録サイトへアクセスしてください。 (注)メール送信時は■を@に置き換えてください。登録料は無料ですが、通信料は利用者の負担になります。

市ホームページ

 避難所や土砂災害情報、河川の水位状況などを確認することができます。
 また、災害の発生や避難所の開設などに関する緊急情報を、市ホームページから見られる「春日井市緊急情報サイト」でお知らせしています。

雨水タンクを設置しましょう

雨水タンクにたまった雨水で水やりをしているイラスト

 雨水をタンクにためることで、一度に河川や排水路に雨水が流出することを防ぎます。たまった雨水は、水やりや打ち水などに利用できます。

設置費用の一部を助成します

 市では、雨水タンクをはじめとした雨水貯留浸透施設を設置する人に、費用の一部を助成しています。詳しくは問い合わせてください。

問い合わせ 河川排水課(電話85-6361)

避難所や経路を確認しましょう

避難経路を家族で確認しているイラスト

 水害は家族が一緒にいる時に発生するとは限りません。事前に避難所や避難経路を確認しておきましょう。

南城中学校を新たに指定避難所とします

 市内での災害発生時に、避難が必要な人を受け入れ、一定期間滞在できる施設として、市内40か所を「指定避難所」としています。今回、新たに南城中学校を6月下旬より指定避難所とします。

問い合わせ 市民安全課(電話85-6072)

地域のハザードマップ作りをサポートします

 市は、庄内川・内津川・八田川で堤防が決壊した場合に想定される浸水状況を示した洪水ハザードマップを市の主な公共施設などで配布をしています。
 さらに、地域の浸水危険箇所や水害時の避難経路などが書かれた「地域のハザードマップ」もあると、地域住民はとても助かります。市は、県が推進する「みずから守るプログラム」の一環として実施している地域の手作りハザードマップ作成支援事業の窓口になっています。詳しくは問い合わせてください。

問い合わせ 河川排水課(電話85-6361)

土のうなどを活用しましょう

車庫前に土のうを置いて水をせき止めているイラスト

 土のうや水のうで浸水の被害を最小限に抑えましょう。

ごみ袋による簡易水のう工法

ごみ袋による簡易水のう工法

 45リットル程度の容量のごみ袋を二重にして、中に半分程度の水を入れて閉めて使用します。

プランターとレジャーシートによる工法

プランターとレジャーシートによる工法

 土を入れたプランターをレジャーシートで巻き込み使用します。

電話一本で自宅へ土のうを届けます!

土のう事前配布のイラスト

 大雨や台風への備えのため、市職員が各家庭へ土のうを届けます。 (注)配布した土のうは回収しません。

 配布日 5月24日(金曜日)・25日(土曜日)午前9時から配布終了まで (注)日にちは指定できますが、時間は指定不可。不在の場合は指定された場所へ置きます。
 申し込み 5月16日(木曜日)・17日(金曜日)午後1時から7時までに、電話85-6710(期間中のみ開設)へ (注)市役所へ土のうを取りに来ることも可能です。事前に市民安全課(電話85ー6072)に連絡してください。
 

避難する際は次のことに気を付けましょう

 大雨発生時は、危険な状況になる前の避難が重要です。もし避難が遅れてしまい、その場所が危険な場合は、次のことに気を付けて避難しましょう。

1 浸水後は、車での移動は危険です。早めに歩いて避難しましょう。

長靴に雨水がたまってしまっているイラスト

2 避難時は動きやすい服装で、靴はひもで締められる運動靴を履きましょう。長靴は水が入ると重くなり動きにくくなるため危険です。


木を杖代わりに避難しているイラスト

3 氾濫水は濁っている上に、水面下は側溝やマンホールのふたが外れているなど危険が潜んでいます。長い棒など 
 をつえ代わりにして、注意しながら避難しましょう。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6036
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。