空き家を正しく「管理」する

ページID 1017711 更新日 令和1年9月25日

印刷大きな文字で印刷

問題になる前に、空き家の正しい管理方法を紹介します。

空き家管理のチェック項目

権利関係の明確化や事前準備をしましょう

 建物の売却や除却を行うには、権利者全員の同意が必要です。早期に対応するためには、権利関係の確認や現状に合わせた登記の変更、相続の相談などの事前準備をしておきましょう。

隣近所や町内会長などに自身の連絡先を伝えましょう

 何か異常があった際に、すぐ連絡をもらえる体制を築くことが早期対応に効果的です。

 

自分で管理が難しい人は

 民間事業者が実施している「空き家管理サービス」などを利用するか、空き家の近所に親戚が住んでいる場合は、点検を頼みましょう。

市の空き家見回り事業補助制度もあります

対象   シルバー人材センターが実施する空き家見回り事業を利用する人

補助額  事業の利用1回につき、500円を助成

申し込み 空き家見回り事業の申し込み時に、直接、シルバー人材センター(電話84-3515)で

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 住宅政策課

電話:0568-85-6572
まちづくり推進部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。