安心して通える学校を目指して

ページID 1022518 更新日 令和3年5月11日

印刷大きな文字で印刷

安心して通える学校を目指して

 不登校児童・生徒への支援の充実やいじめなどの早期発見・解決に向け、学校組織の体制強化を進め、学校・家庭と連携しながら子どもたちの健全な成長を目指し、さまざまな支援を行っています。

いじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」

 6月より、市内中学校の生徒と保護者を対象に「スクールサイン」を導入しました。悩みや被害に関する情報を匿名で携帯電話やパソコンから学校へ連絡できます。いじめの早期発見・解決につながるとともに、SNSやネット上での発言に対する注意喚起や情報モラルの向上にも役立っています。

登校支援室

 今年度より、市内中学校3校に「登校支援室」を設置しました。「登校支援室」では、何らかの理由で教室に入れない子どもたちの社会的自立および集団への適応を目的としています。子どもたちが安心して学校生活を送ることができるよう支援していきます。

ひまわり相談

 発達につまずきがある子どもたちの学校生活や学習についての改善を図ることを目的として、市内小中学校に在籍する児童・生徒の保護者からの相談に応じています。教育研究所での月3回の「ひまわり相談」に加え、今年度から、藤山台中学校のカウンセリングルームにて、月に1回の相談を行っています。申し込みは、各学校で受け付けています。

登校支援の先生に聞きました!

教育研究所

同じ目線に立って

市教育委員会 教育研究所

 「学校に通う」というということは、長い人生の一つの通過点です。登校支援の役割は、子どもたちが自分を見つめ、生活に欠かすことのできない心のエネルギーを充電できるようにすることだと考えています。そのために私たちは、子どもたちに寄り添いながら、一緒に考えることを心掛けています。子どもたちはみんな、一歩前に踏み出したいと思っています。安心できる場所を求め、共感し、認めてもらえる人を探しています。先生、家族、地域の人など周りの大人が、子どもたちと同じ目線に立って、踏み出す一歩を温かく見守ってほしいと思います。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育課

電話:0568-85-6441
教育委員会 学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。