地域連携を目指して

ページID 1022558 更新日 令和3年5月11日

印刷大きな文字で印刷

 子どもたちが安心かつさまざまな価値観を持った人と触れ合う機会を設けるため、多くの学校でPTAやボランティアを中心に地域との連携活動を行っています。藤山台小学校では平成28年度より「地域連携室」が設置され、広く市民から募集した地域コーディネーターを中心に、子どもたちへの支援の方法を検討しています。

「地域連携室」の皆さんに聞きました!

藤山台中学校区学校地域連携協議会

地域連携室

どのような活動をしていますか

 元教師やボランティア団体に属している地域の人を講師に招き、理科実験やかけっこ教室を開講しています。また、登下校時の見守り・あいさつ運動の他、新型コロナウイルス感染症対策として除菌作業を行い、子どもたちの安全確保やコミュニケーションを図っており、地域全体で子どもたちの学びや成長を支える活動をしています。

設置されて地域にどのような変化がありましたか

 藤山台、藤山台東、西藤山台各小学校の統合を契機に、地域連携室ができたことにより、地域の人の意識が学校に向くようになりました。学校に対するさまざまな支援を通して、人と人とのつながりが強くなり、今では地域の運動会や世代間交流のイベントが行われるなどさまざまなコミュニティが広がっているのを感じています。

皆さんの目標を教えてください

 学校や保護者の人にはもっと私たちの活動を知ってもらい、気軽に参加していただけたらと思います。子どもたちのために学校と地域が連携して活動する共助の力が安心して暮らせる住みよいまちに育つ原動力となり、それが次の世代につながっていくことが私たちの願いです。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育課

電話:0568-85-6441
教育委員会 学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。