気軽にはじめる健康づくり

ページID 1010912 更新日 平成29年12月12日

印刷大きな文字で印刷

自宅で、職場で、空いた時間にストレッチ

体の緊張をほぐし、日々のストレスを減らすのに、ストレッチは効果的です。
空き時間で手軽にできるストレッチを紹介します。

1 首と肩のストレッチ


首と肩のストレッチ

腕を引き、同じ方向に首を倒す

2 腰のストレッチ

腰のストレッチ

 椅子に浅く掛け、脚を開き体を前に倒す

3 脚の後ろ、肩、腰のストレッチ

脚の後ろ、肩、腰のストレッチ

脚を広げ、手を水平にして反対側の足先につけ、体をひねる

4 背中のストレッチ


背中のストレッチ

膝を立てて座り、膝の下で手を組み、背中を丸め、体を後ろに引く

DVD「自宅で簡単!ストレッチ体操」(市スポーツ・ふれあい財団)より作成

地産地消で野菜不足を解消、目指せ1日350g


野菜

 肥満の原因の一つに、栄養バランスが取れていない食生活が挙げられます。健康のために、成人は1日350g以上の野菜を食べることが必要だと考えられています。しかし、県の野菜摂取量は全国最下位で約240gでした。一方、生産量で見ると全国1位のキャベツをはじめ、トマト、ブロッコリー、レンコンなどもトップ5に入ります。地元産野菜を食べて、あと110gを補いましょう。
※平成24年 国民健康・栄養調査

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6167
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。