まちが生まれ変わる~篠木四ツ谷の場合

ページID 1010952 更新日 平成29年12月12日

印刷大きな文字で印刷

区画整理を実際に行ったまちがどのように変わったのか、昨年竣工(しゅんこう)したばかりの篠木四ツ谷地区を紹介します。

事業の概要

篠木四ツ谷位置図

春日井市のほぼ中央に位置する篠木四ツ谷地区は、区画整理前から宅地化が進んでいたにもかかわらず、道路や水路などの都市基盤の整備が遅れている状況でした。幹線道路の整備や排水不良地区の解消などを目的に区画整理を行うため、平成9年に土地区画整理組合設立が認可され、44.2haの区域でまちづくりに取り組んでこられました。
以来、17年のときを経て、平成26年3月に新しいまちが完成しました。

区画整理前
篠木四ツ谷地区 区画整理前
区画整理後
篠木四ツ谷地区 区画整理後

にぎやかで活気あふれるまちに

幹線道路

南北に抜ける広い幹線道路が整備されたことで交通が便利になっただけでなく、沿線に大型店舗や飲食店などが立ち並び、生活が便利になり、にぎやかで活気あふれるまちとなりました。
広い歩道が整備されたことで、子どもから高齢者まで誰もが安心して通行できるようになりました。また、道路の地下に排水施設を整備したことで排水不良を改善しました。

住宅街

住宅街

横断歩道

公園

盆踊り

幹線道路

自分たちで作る、愛着ある公園

地区内には、区画整理により4つの公園が整備されました。地域の皆さんの思いを反映させた公園づくりをするため、市民参加のワークショップも行いました。
公園への愛着やまちづくりへの関心を高めるとともに、住民間の交流も増えました。

公園ワークショップ

どんな遊具や施設を設置するか、どんな木を植えるかなど、公園の未来像を話し合い、計画平面図や模型を作りました。
地域の皆さんが子どもから大人まで参加し、実際に公園に設置する絵タイルも作りました。

公園ワークショップ

絵タイル

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 都市整備課

電話:0568-85-6306
まちづくり推進部 都市整備課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。