妊娠が分かったら・・・

ページID 1010995 更新日 平成29年12月12日

印刷大きな文字で印刷

母子健康手帳(春日井市)

 この時期のママは、出産に対する漠然とした不安や、つわりによる体調不良や気分の落ち込み、出産後の赤ちゃんとの接し方、家族の協力が得られるかどうか、などの不安を抱えています。

 妊娠中から出産やその後の育児をイメージしておけば、不安も和らぎ新しい生活にも早く順応できます。また、家族も妊婦と一緒になって出産・育児について考えることで、互いの思いを知ることができます。

出産後のイメージづくり

パパママ教室

赤ちゃんは泣くのが仕事です/泣いても激しく揺すったりしないでね

 妊娠中の生活、出産、赤ちゃんの体と産後の生活などを学びます

他にも、プレママ講座、休日パパママ教室を開催しています。(日程や内容は15日号広報に掲載)

大矢さん夫妻

参加してみました
(大矢さん夫妻)

(妻)育児書を見ても、何を信じたらいいか分かりませんでしたが、自分で見て、体験するのが一番だと思いました。
(夫)ママの大変さが分かり、子育てを一緒にしていきたいと思いました。ママがつらいとき、「大丈夫だよ」と支えられる夫になりたいです。

家族の理解

Uターン育児塾

祖父母になる前に今ドキの子育て事情を学ぶ

 祖父母になる前に今ドキの子育て事情を学ぶ

 新米パパママの親世代に最近の育児事情を知ってもらい、困った時にサポートしてもらいやすい環境をつくります。開催時期は広報でお知らせします。

相談

メンタルヘルス相談

 悩みを抱えているママには

 気分が落ち込み、何もする気がしない・・・それはマタニティブルーかもしれません。一人で抱え込まず、相談してください。 ※面接は予約制 

問い合わせ 健康増進課 0568-85-6172

すくすくEメール相談

 妊娠期から産後まで、不安や悩みを何でも相談してください。仕事などで日中相談できない人も、気軽に利用できます。

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 子ども政策課

電話:0568-85-6170
青少年子ども部 子ども政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。