産後健康診査

ページID 1011937 更新日 令和2年4月17日

印刷大きな文字で印刷

産婦健康診査

産婦健康診査2回目の助成が始まります。

このたび、現行の公費による産婦健康診査を2回に拡充することとなりました。
内容については次のとおりです。

内容

産後8週以内に受けた産婦健康診査2回目(上限5,000円)について助成します。

対象
令和2年4月1日以降に出産し、健診受診日に春日井市に住民票を有する者 
持ち物
母子健康手帳、産婦健康診査受診票
場所
愛知県内の医療機関(愛知県外の医療機関や助産所で産婦健康診査を受ける場合は、ご案内をご覧ください。)

母子健康手帳を交付した時期、転入日や転入手続きの時期により、産婦健康診査受診票の交付する時期・方法が異なります。

令和2年3月31日以前に母子健康手帳を交付、かつ令和2年4月1日以降に出産(予定)の方

お子さんの出生が確認された方に対し、「産婦健康診査受診票2回目」を郵送します。出生から1か月たっても郵送されない場合はご連絡ください。

(注1)お子さんの住民票が市外にある場合は、春日井市で把握できませんので、子ども政策課までお問い合わせください。

(注2)産婦健康診査の助成のため、お子さんが市内に住民票があっても、母の住民票がない場合は対象になりません。

(注3)産婦健康診査受診票を使用せず、産婦健康診査を受けてしまった方は子ども政策課までご連絡ください。

令和2年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受ける方

母子健康手帳を交付する際に、産婦健康診査受診票2回分を交付します。

令和2年4月1日以降に転入手続きをする妊婦の方

窓口で転入前の市区町村の妊婦乳児健康診査受診票の差し替えと産婦健康診査受診票2回分の交付(または差し替え)をします。

令和2年4月1日以降に転入手続きをする産婦の方

次のいずれの条件も満たす方に、産婦健康診査受診票を交付します。

  1. 出産日が令和2年4月1日以降である
  2. 春日井市への転入日が産後8週以内である
  3. 転入前の市区町村で産婦健康診査2回分の助成を受けておらず、これから受診する予定である

(注)転入日や転入手続きの日・転入前の市区町村の助成の関係により、異なる場合がありますのでご了承ください。

助産所や愛知県外医療機関で利用する場合

助産所や愛知県外の医療機関で利用する場合は別に申請が必要です。詳しくは母子健康手帳交付時にお申し出いただくか、下記のご案内をダウンロードしてください。医療機関によっては、この制度が利用できない場合があります。

産婦健康診査実施医療機関はこちら

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 子ども政策課

電話:0568-85-6170
青少年子ども部 子ども政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。