ひきこもり状態にある子ども・若者の家族を対象とした懇談会

ページID 1026710 更新日 令和3年11月26日

印刷大きな文字で印刷

 趣味や近所での買い物などの外出はできるけど、その他では自宅・自室から出ない・出られない「ひきこもり状態」にある子ども、若者は相当数存在し、その期間も長期化するなど、家族を含めて社会から孤立、孤独が深まってきています。
 そのような困難な状況にあるご家族の支えに少しでもなれますよう「家族のための懇談会」を開催いたします。


日 時  令和4年1月8日(土曜日)、1月15日(土曜日)、1月29日(土曜日)、2月5日(土曜日)
     午後1時30分から午後4時まで【全4回】
     ※ 4回ともご参加ください。
場 所  レディヤンかすがい 2階 講習室
対象者  15歳から39歳までのひきこもり状態にある子ども・若者を持つ家族
定 員  10組(1組2名まで)
内 容  第1回:各自の現状について懇談し、共有化を図る
     第2回:当事者の心理を理解し、必要な知識と回復への道筋を知る
     第3回:当事者への関わり方として、取り組む課題を明確にする
     第4回:課題に取り組む中、進捗を報告し、今後の方向性を決める
申し込み 12月1日(水曜日)から、電話で、子ども政策課(85-6151)まで(先着順)

 

関連情報

 春日井市では、さまざまな不安や悩みを抱える子ども・若者への支援を効果的かつ円滑に行うため、「子ども・若者総合支援地域協議会」を設置し、関係機関が連携して支援する体制を整えました。

 春日井市では、さまざまな不安や悩みを抱える子ども・若者、その家族の方の相談や支援機関の案内を、電話とEメールで行っています。面接相談(要予約)もできます。

 厚生労働省の委託を受け、春日井市を中心に、若者の就労支援をする「春日井若者サポートステーション」です。

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 子ども政策課

電話:0568-85-6151
青少年子ども部 子ども政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。