白山神社古墳・御旅所古墳

ページID 1004373 更新日 平成30年8月3日

印刷大きな文字で印刷

白山神社古墳・御旅所古墳
右上が白山神社古墳、左の丸い古墳が御旅所古墳、右下の一番大きい古墳が二子山古墳

味美地区には、二子山古墳(国指定史跡)を始め、白山神社古墳(県指定史跡)、春日山古墳の3基の前方後円墳があり、円墳の御旅所古墳(県指定史跡)や滅失した白山藪古墳などを含め古墳時代中期から後期にかけての古墳群が形成されています。
白山神社古墳は墳長84メートルでその名のとおり墳頂に白山神社があり、周りに周濠をめぐらしています。平成19年度に発掘調査が実施され、埴輪列が検出されました。出土した須恵器や埴輪から5世紀末葉から6世紀初頭の築造であると考えられます。
御旅所古墳は、直径31メートルの円墳で、墳丘上に祠があります。出土した埴輪から5世紀末葉から6世紀初頭の築造で、埴輪の特徴から白山神社古墳に後出するものと考えられます。
 

交通手段

電車・バス

城北線味美駅下車徒歩10分、名鉄小牧線味鋺駅徒歩10分、かすがいシティバス西環状線「二子山公園」下車徒歩3分

住所

春日井市二子町2丁目11番地2、11番地3

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 文化財課

電話:0568-33-1113
教育委員会 文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。