民法改正に係る成人式の対象年齢について

ページID 1018700 更新日 令和1年11月25日

印刷大きな文字で印刷

成年年齢引き下げ後も春日井市成人式は現行どおり20歳を対象に実施します。

成人式

民法改正に係る成人式の対象年齢

 民法の一部改正により、令和4年(2022年)4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、春日井市の成人式については、令和5年(2023年)以降もこれまでどおり20歳を対象として実施します。

【主な理由】
 (1) 18歳(高校3年生)は、多くが大学受験や就職といった多忙な時期であり、出席率が大幅に低下する可能性があること。
   (2) 成年年齢は18歳に引き下げられるが、飲酒、喫煙などの年齢制限がなくなる年齢は20歳であること。
   (3) 初年度(令和5年1月)は、18歳、19歳、20歳が混在し対象者が約9,000人と見込まれるが、収容可能な会場がないこと。

式典の名称

 今後、よりふさわしい名称を検討していきます。

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 文化・生涯学習課

電話:0568-85-6447
文化スポーツ部 文化・生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。