認知症高齢者等個人賠償責任保険事業

ページID 1028259 更新日 令和4年6月17日

印刷大きな文字で印刷

認知症高齢者等が、誤って線路に立ち入り鉄道を止めてしまったり、日常生活の中での事故で他人の物を壊したりするなど、法律上の賠償責任を負う場合に備え、認知症高齢者等とその家族が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう市が保険に加入します。

保険内容

対象者及び費用

次の2つに該当する方が対象です。        
(1)「認知症高齢者等見守り支援事業」利用者
(2) 同様の保険に加入していない方

※ 施設入所や長期入院している方は対象となりません。
※ 費用は市が負担します。

補償内容

日常生活における偶然の事故によって第三者の身体又は財物に損害を与えたこと等により、法律上の損害賠償責任を負った場合が対象となります。補償の上限額は1億円です。

例:誤って路線に立ち入り、電車を止めてしまった場合
  ホテル等の客室の備品を壊してしまった場合

申請

申請書を地域福祉課に提出してください。年度ごとの申請が必要となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 地域福祉課 地域包括ケア推進室

電話:0568-85-6187
健康福祉部 地域福祉課 地域包括ケア推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。