区分支給限度基準額の見直しについて

ページID 1018339 更新日 令和1年9月26日

印刷大きな文字で印刷

居宅サービス区分の支給限度基準額の見直し

介護サービス計画の作成にあたり、介護の必要な程度によって、利用できるサービス費用の1か月あたりの上限が定められています。

令和元年10月の消費税増税に伴い、10月サービス提供分以降の介護保険の区分支給限度基準額が見直されます。

※介護サービスについては、円ではなく、単位での表記となります。

 

 

区分

現行

改正後

要支援1

5003単位

5032単位

要支援2

10473単位

10531単位

要介護1

16692単位

16765単位

要介護2

19616単位

19705単位

要介護3

26931単位

27048単位

要介護4

30806単位

30938単位

要介護5

36065単位

36217単位

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 介護・高齢福祉課

電話:0568-85-6182
健康福祉部 介護・高齢福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。