介護予防・生活支援 住民主体サービスの補助制度について

ページID 1013686 更新日 令和1年7月5日

印刷大きな文字で印刷

介護予防・日常生活支援総合事業に係る住民主体サービスの補助制度

 地域住民主体の自主活動として行う見守り支援、生活援助等の訪問型サービスや体操、運動、趣味活動、交流、会食等の自主的な通いの場を提供する通所型サービスを実施する団体に対して、活動を支援するために、事業に係る経費を補助します。

補助金の交付対象者

 次の団体のうち、1年以上の活動実績を有する場合に対象となります。ただし、活動実績が1年未満の団体であっても、活動の実施体制が整備されていると認められる場合は対象となります。

  • 市に届を出している区、町内会及び自治会
  • 春日井市社会福祉協議会の認可を受けた地区社会福祉協議会
  • 春日井市市民活動支援センターの登録団体
  • 特定非営利活動法人
  • その他市長が適当と認める団体(地域住民主体で構成される団体、ボランティア団体等)

補助金の対象事業

種類 内容
訪問型サービス   身体介護が不要で、精神的にも専門職の支援を必要としない人に対して、地域住民の助け合いにより、掃除、洗濯、買い物、調理等の日常生活の援助を行う。
ちょっとお助け型 通所型サービスを実施している補助対象団体が、通所型サービス参加者を主な対象として、ゴミ出し、電気交換などの簡易な日常生活の困りごとの援助を行う。
通所型サービス 高齢者等サロン 地域住民主体の趣味活動、交流、会食、体操、運動等の自主的な通いの場として通所型サービスを月1回以上提供する。
ミニデイサービス 要支援者又は事業対象を含む利用者の相談に応じる人員を配置し、地域住民主体の趣味活動、交流、会食、体操、運動等の自主的な通いの場として週4日以上、かつ、利用定員10人以上の規模の通所型サービスを3年以上継続して提供する。

補助金

  事業の立ち上げ準備のため、備品購入等を補助する立ち上げ支援補助と事業開始後の講師料、会場使用料等を補助する運営補助があります。
 

補助金額詳細
種類 補助金額(上限)
立ち上げ支援補助
補助金額(上限)
運営補助
訪問型サービス   100,000円 1年につき50,000円
ちょっとお助け型

100,000円

1年につき50,000円
通所型サービス 高齢者等サロン 100,000円

月1回活動    1年につき 50,000円 
月2回以上活動又は年間延べ人数500人以上 

        1年につき100,000円 

週1回以上活動  1年につき200,000円
会場使用料補助加算額
使用料の2分の1(上限30,000円)

ミニデイサービス 1,000,000円 1月につき50,000円

各申請書の様式

実施団体一覧

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 地域福祉課 地域包括ケア推進室

電話:0568-85-6187
健康福祉部 地域福祉課 地域包括ケア推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。