日常生活用具の給付種目が追加されました

ページID 1024471 更新日 令和3年4月24日

印刷大きな文字で印刷

視覚障がいのある人を対象に、暗所視支援眼鏡、音声色彩判別装置、視覚障がい者生活支援用具を給付します。事前に申請が必要で、要件や所得に応じた利用者負担があります。

追加種目

性能等

対象者等

金額

耐用年数

暗所視

支援眼鏡

高感度カメラで捉えた微光を増幅させる機能を有し、眼鏡のディスプレイに鮮明な画像として投射できるもので、視覚障がい者が容易に使用し得るもの 学齢児以上の視覚障がい者又は難病患者で、夜盲又は視野狭窄があり、医師が必要と認めた人 395,000円 8
音声色彩判別装置 色彩を音声で知らせるもので、視覚障がい者が容易に使用し得るもの 視野障がいを除く視覚障がい2級以上の人 47,000円 10
視覚障がい者生活支援用具 音声、凸線などにより知覚でき、日常生活や学習などを補助するもので、視覚障がい者が容易に使用し得るもの 視覚障がい2級以上の人 30,000円 5

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障がい福祉課

電話:0568-85-6186 ファクス:0568-84-5764
健康福祉部 障がい福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。