ごみステーション設置要綱

ページID 1016949 更新日 令和1年6月15日

印刷大きな文字で印刷

お知らせ

ごみステーション設置要綱が令和元年6月1日から一部改正されました。

主な改正内容については、以下の3点です。

 1 ごみステーションの設置基準について、計画戸数10戸以上から4戸以上に変更

 2 ごみステーションの維持管理について、利用者と管理者が維持管理することを明記

 3 ごみの排出について、自ら維持管理するごみステーションへ排出するよう努めることを明記

春日井市ごみステーション設置要綱

春日井市内には約7300か所のごみステーションがあり、利用者や町内会等の管理のもと家庭から排出される可燃ごみや不燃ごみ、資源等を収集しています。

ごみステーションは利用者や町内会等のご協力により清潔に保たれています。自ら管理するごみステーション以外に家庭ごみを排出しないようにしてください。

ごみステーションは必要があれば、ごみステーションの利用者と町内会等の共同で設置することができます。ただし、住宅の計画戸数が4戸以上の開発行為等を行う者は開発地区内に設置が必要です(10戸未満の開発行為等で、町内会等管理のごみステーションの利用について承諾が得られた場合を除く)。

ごみステーションの新設、変更、廃止を行う場合は、清掃事業所へ協議書を提出してください。

設置基準(要綱第4条)

  • ごみステーションの利用者は1か所あたり概ね20世帯としてください。
  • ごみステーションが設置できる場所等は次のとおりです。

 イ)通り抜け又は方向転換ができる公道(国道19号を除く)に面していること。

 ロ)交差点、交差点の隅切り、横断歩道、消火栓または消防用防火水槽から5メートル以内でないこと。

 ハ)停留所、安全地帯及び及び踏切から10メートル以内でないこと。

 ニ)ごみ収集車が停車して、安全に収集作業を行うことができること。

 ホ)ごみステーションとごみ収集車の停車位置の間に収集作業の障害となる物がないこと。

 ヘ)ごみステーション前に側溝がある場合は、蓋等を設置してください。

※新たに設置するごみステーションに隣接又は相対する民家等がある場合は、当該民家等の住民の了承を得てください。

詳細は「春日井市ごみステーション設置要綱」をご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 清掃事業所

電話:0568-84-3211
環境部 清掃事業所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。