加熱式・電子たばこなど充電式小型家電、ライター、スプレー缶は袋を分けて金属類の日にお出しください!

ページID 1018706 更新日 令和2年9月2日

印刷大きな文字で印刷

ごみ処理施設で火災が発生しています!

発火元は加熱式・電子たばこなど充電式小型家電!!

 当市のごみ処理施設(クリーンセンター)や中間処理施設において、加熱式・電子たばこなど充電式小型家電のリチウムイオン電池などが原因となる火災が発生しており、その件数は急激に増加しています。リチウムイオン電池は、衝撃や圧力が加わることで発火します。

 充電式小型家電とは、1辺が80cm未満でリチウムイオン電池など充電式電池内蔵型の家電です。
例えば、加熱式・電子たばこ、充電式掃除機、モバイルバッテリー、電気シェーバー、電動歯ブラシ、ヘアアイロン、タブレット端末、携帯ゲーム機などが挙げられます。

 加熱式・電子たばこなど充電式小型家電、使い切ったライター、使い切って穴をあけたスプレー缶類、その他の金属類はそれぞれ袋を分けて、「金属類(小型家電を含む)」の収集日に出してください。「燃やせないごみ」や「プラスチック製容器包装」に出すことも火災の原因となるため、絶対に出さないでください。

 なお、リチウムイオン電池などの充電式の電池を取り外せる場合、充電式の電池はリサイクル協力店に持込み、残りは金属類の日にお出しください。リサイクル協力店については、一般社団法人JBRCのホームページをご覧ください。

 

充電式小型家電 チラシ

充電式小型家電のバッテリー
火災の原因となった充電式小型家電のバッテリー

充電式電池リサイクルマーク

クリーンセンターにおける発火件数

年度

平成28

平成29

平成30

平成31(令和元年11月17日時点)

件数

4

3

13

17

 

充電式小型家電以外に火災原因になるもの

・使い切っていない、穴があいていないガスボンベやスプレー缶

・使い切っていないライター

 「使い切れない!」「穴があけられない!」などお困りの場合は、市内公共施設において、拠点回収を行っていますので、次のページをご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ減量推進課

電話:0568-85-6222
環境部 ごみ減量推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。