平成25年4月から資源・ごみの分別が一部変わりました

ページID 1002660 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

 ごみの減量と資源化促進のため、平成25年4月からプラスチック製容器包装と金属類の資源収集を開始しました。

分別区分変更についてのご案内

平成24年7月から、各区、町内会、自治会などを対象とした説明会や、集合住宅への周知などを始めました。皆さまのご理解、ご協力をお願いします。収集日など詳しくは、平成24年12月15日号の広報春日井にあわせて配付しました「2013年版環境カレンダー」、平成25年2月上旬に全戸配付しました「資源・ごみの出し方便利帳」「家庭から出る資源・ごみ品目別一覧」をご覧ください。

次のページからダウンロードすることもできます。

ごみの分別の仕方の画像

プラスチック製容器包装とは…

プラと書いてあるマーク

商品を入れたもの(容器)や包んだもの(包装)で、商品が消費された後は不要となるプラスチック製のもので、右のようなプラマークが付いています。

プラスチック製容器包装の分別に当たってのお願い

 プラスチック製容器包装は、指定袋(透明、文字 緑色)に入れて出してください。大きさは燃やせるごみ、燃やせないごみと同様に45リットル、30リットル、10リットルの3種類です。市内のスーパーやドラッグストアなどでお買い求めになれます。

※販売店によっては、全てのサイズの指定袋を取り扱っていない場合があります。

プラスチック製容器包装用指定袋

  • プラマークの付いているものを資源として集めます。
  • 分別の際には、プラマークの有無をご確認ください。
  • プラスチック製品そのものは資源として集めません。
  • 汚れているものは、燃やせるごみに出してください。
  • お菓子の袋など内側がアルミ箔のようなものもありますが、プラマークが付いていれば集めます。

金属類とは…

デジカメ、DVDプレーヤーなどの小型家電や、鍋、フライパンなどの家庭用調理器具、スプレー缶、石油ストーブなど、金属を多く含むものをいいます。

  • 個人情報保護のため、電話機やICレコーダーを出すときは、個人情報を削除してください。
  • 発火事故防止のため、使い捨てライター、スプレー缶は中身を使い切ってください。また、スプレー缶は必ず穴を空けてください。

※家電リサイクルの対象品目など(パソコン、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)は対象外です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ減量推進課

電話:0568-85-6223
環境部 ごみ減量推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。