平成31年度の節電対策

ページID 1003013 更新日 令和1年9月2日

印刷大きな文字で印刷

 エネルギー使用を抑制する節電対策は、温室効果ガス排出量を削減することができ、地球温暖化対策にもつながるため、無理のない範囲で節電に心掛けましょう。

市の取り組み

節電対策取組要領の策定

 市では、地球温暖化対策の一環として、市内から排出される温室効果ガス排出量を削減し、市民生活や事業活動における一層の節電行動の定着を図り、市全体で節電対策に取り組むため、次のとおり平成31年度春日井市節電対策取組要領を策定しました。

打ち水啓発イベントの実施

 節電の一環として、家の庭や事務所の前面道路などに水をまくことにより、体感温度を下げ冷房にかかる電気の削減を図ることができる、打ち水の実施を呼びかけるため、8月のエコライフDAYである令和元年8月7日(水曜日)に市役所市民広場で、「打ち水啓発イベント」を実施しました。

 イベントは、同日開催の夏休み子どもエコライフセミナー「竹であそぼう!~水でっぽう作り~」参加者とともに実施しました。当日は、41名が参加し、エコライフセミナーで作製した竹の水でっぽうや竹のコップを使って打ち水を行い、副市長と道風くん、そして応援に駆けつけた多治見市のうながっぱも参加しました。

 また、環境に配慮した取り組みを日頃から実施している「かすがいエコオフィス認定事務所」の皆さんが事業所内で打ち水を実施する他、市の施設においても打ち水を行いました。

「2アップ・3ダウン」シールの掲示

 節電対策や省エネ行動として意識啓発を図るため、近隣階への階段利用を促す「2アップ・3ダウン」シールを作成し、エレベーターのある市施設(エレベーター呼出ボタン付近)に掲示しています。

「見える化ラベル」を配布

 市では、普段使用しているエアコン等の使用をひかえることで、二酸化炭素排出量や電気代等がどれだけ削減できるかが、一目で分かる「見える化ラベル」の配布を行っています。

※ 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

「ネガワット」という言葉をご存知でしょうか?

 「ネガワット」とは、「使われなかった電力」という意味で、「節電や省エネ機器への買い替えによって使われなかった電力は、新たにその電力を生み出したものと同等である。」という考え方です。

※ 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

これまでの取組等

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課

電話:0568-85-6216
環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。