平成30年度親子おもしろ実験室

ページID 1016755 更新日 令和1年5月10日

印刷大きな文字で印刷

「平成30年度親子おもしろ実験室」を開催しました。

音を目で見てみよう

平成30年度は、次の日程で開催しました。

第1回 平成30年6月23日(土曜日)

第2回 平成30年8月7日(火曜日)

平成30年度の実施概要

平成30年度第1回(6月23日)

簡易な環境測定(COD)

〇内容

  1. 施設見学
    中央実験室でのCOD(化学的酸素要求量)や浮遊物質(SS)の測定方法の見学 など
  2. 河川水等を使った簡易な環境測定
    庄内川の水とオレンジジュースの簡易水質測定によるよごれの比較や透視度の測定など
  3. 親子おもしろ実験

  (1)変化する色のふしぎ
     色の変わる不思議な紅茶やサーモインクを使ったイクラ作りに挑戦

  (2)液体窒素による氷点下196℃を体験
     氷点下196℃での現象を目の前で体感

平成30年度第2回(8月7日)

走馬燈

〇内容

  1. 施設見学
    細菌室での大腸菌群数の測定方法(数え方)や浮遊物質(SS)の測定方法 など
  2. 河川水等を使った簡易な環境測定
    庄内川の水とオレンジジュースの簡易水質測定によるよごれの比較や透視度の測定など
  3. 親子おもしろ実験

  (1)走馬燈
     熱の対流を利用したペットボトルの走馬燈作りに挑戦

  (2)液体窒素による氷点下196℃を体験
     氷点下196℃での現象を目の前で体感

参加者の声

液体窒素体験

<こどもたちの声>

・普段ではできない体験ができた

・次何を入れるのか、何を入れたらそうなるのか、これを入れたらどうなるのか、など、わからなくてドキドキした

・花がバラバラになるのがすごかった

・ジュースを川に流すと、すごくたくさんの水が必要なことが知れた

<保護者の声>

・普段なかなかできない体験から、環境に子どもが興味を持って考えてくれる機会になった

・普段入ることのない実験室は、ドラマみたいでワクワクした

・身近な物を使った実験で親しみやすかった

・子どもに考えさせるような形式でよかった

地図

地図

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境分析センター

電話:0568-51-6110
環境部 環境分析センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。