太陽光発電設備の設置における留意事項について

ページID 1013260 更新日 平成31年1月4日

印刷大きな文字で印刷

事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)

 太陽光発電設備の稼働音、電磁波、反射光などが周辺の生活環境を損なう場合がありますので、次の資源エネルギー庁のページ下部に掲載されている「事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)」を参考に事業を実施してください。

太陽光発電事業にかかる許認可届出手続きについて

 事業用太陽光発電設備を設置する場合に春日井市へ必要となる手続きは次の「太陽光発電事業にかかる春日井市許認可届出手続一覧」のとおりです。事業内容によって必要となる手続きが異なりますので各関係課にお問い合わせください。

 また、国・県等へも手続きが必要となる場合があります。次の資源エネルギー庁のホームページに記載されている「再生可能エネルギー事業支援ガイドブック」等を活用し、事業者の責任において法令等を所管する関係機関へ確認してください。

太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン

 太陽光発電設備を解体・撤去、リユース、リサイクルなどする場合は環境省が作成した「太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン」を参考に実施してください。

太陽光発電設備の設置工事や設置後の騒音等に関する相談窓口

 太陽光発電設備の設置工事や設置後の騒音等については、環境部環境保全課(電話:0568-85-6217)へご相談ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課

電話:0568-85-6216
環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。