かすがい禁煙キャンペーン2018を実施しました!

ページID 1003251 更新日 平成30年8月9日

印刷大きな文字で印刷

2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子どもたちをまもろう~

 世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」(5月31日)及び厚生労働省が定める「禁煙週間」(世界禁煙デーから始まる一週間)に合わせ、春日井市では「かすがい禁煙キャンペーン2018」で次の啓発を実施しました。
   1 たばこと健康に関する正しい知識の普及
   2 未成年者の喫煙防止
   3 公共の場・職場における受動喫煙の防止
   4 禁煙支援
 

実施期間

平成30年5月31日(木曜日)から平成30年6月6日(水曜日)まで

主な実施内容

保育園における防煙教室

年長児を対象とする防煙教室(ニコニコ防煙教室)を5月31日の世界禁煙デーの前後で11,325人に実施しました。
 

街頭啓発キャンペーン

禁煙支援の相談先を記載した啓発グッズ(ポケットティッシュ)と受動喫煙防止リーフレットを愛知県立春日井高等学校の生徒、健康マイスター、春日井保健所及び春日井市健康管理事業団と協力しながら配布し、3日間で2,600人の方へ啓発しました。
 当日は、春日井マスコットキャラクター「道風くん」も参加し、多くの方へたばこの煙が及ぼす健康被害について啓発できました。
 

※健康マイスター

 運動、食生活などの健康に関するさまざまな分野について学ぶ市の講座を修了した人です。多くの人は、市などが実施する健康づくり事業でボランティアとして活動しています。

 

街頭啓発キャンペーン日程

実施日時

実施場所

平成30年5月31日(木曜日)

17時30分から

JR高蔵寺駅連絡通路付近

平成30年6月1日(金曜日)

16時15分から

JR勝川駅構内

平成30年6月4日(月曜日)

17時30分から

JR春日井駅構内
街頭啓発
JR勝川駅前
JR春日井駅前にて
JR春日井駅前
高蔵寺駅前にて
JR高蔵寺駅前

パネル展示

 喫煙や受動喫煙が本人や周りの人々へに及ぼす影響について正しく理解していただくために、パネル展示を行いました。
 受動喫煙とは、「喫煙者の周りの人が、たばこの煙を吸わされること」です。

 

パネル展示
展示したパネル

    一酸化炭素濃度の測定

 5月31日(木曜日)午前10時から正午まで、吐く息に含まれる一酸化炭素(たばこから発生する有害物質の代表的なもの)濃度測定を実施しました。
 喫煙者へは禁煙を呼びかけ、非喫煙者へは受動喫煙がもたらす健康への影響について啓発しました。
 

一酸化炭素濃度測定の様子

懸垂幕の設置

市民会館南側に懸垂幕を設置し、喫煙者に対し禁煙を呼びかけました。

設置した懸垂幕

ポスター掲示

市役所および市公共施設をはじめ、市内各所へポスターを掲示し、多くの市民へたばこがもたらす健康影響について周知しました。

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6166
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。