高齢者肺炎球菌ワクチン

ページID 1003117 更新日 令和3年9月10日

印刷大きな文字で印刷

高齢者肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)は、肺炎球菌の23の血清型について、その感染予防を目的とするものです。肺炎球菌による肺炎は、成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。

定期予防接種について

 当該年度の対象者には、案内ハガキを郵送していますので、接種を希望する場合は、市内指定医療機関に予約の上、案内ハガキを持参してください。

 ※接種の予約をされる際は、当該接種を実施する医療機関かを必ずご確認ください。

 市外や指定医療機関以外で定期接種を受けたい場合について、事前の手続きにより接種を受けられますので、下記のリンクをご覧になり手続きしてください。

接種対象者

接種対象者

接種日に市内に住民登録がある人で、次のいずれかに該当する人

 

1.【令和5年度まで】
 その年度に65、70、75、80、85、90、95、100歳となる人

 【令和6年度から(予定)】
 65歳の人

 

2.接種日において 60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがある人
※身体障がい者手帳1級または、1級程度であると医師が認めている場合

令和3年4月1日~令和4年3月31日の対象者

年齢

対象者生年月日

65歳

昭和31年4月2日生~昭和32年4月1日生

70歳

昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生

75歳

昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生

80歳

昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生

85歳

昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生

90歳

昭和6年4月2日生~昭和7年4月1日生

95歳

大正15年4月2日生~昭和2年4月1日生

100歳

大正10年4月2日生~大正11年4月1日生

接種回数
1回 (過去にニューモバックスを接種したことがある場合は対象外)
持ち物
  • 案内ハガキ
  • 身分証明書(住所、氏名及び生年月日が確認できるもの)
  • 令和3年4月1日以降に発行された生活保護受給証明書の原本(生活保護受給者の場合)
  • 身体障がい者手帳(接種対象者2に該当する場合)
自己負担額
2,400円(生活保護受給者は自己負担なし)

※対象者以外で、高齢者肺炎球菌ワクチンの接種を希望する人は、費用の補助制度がありますので、下記「高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の一部を補助します」をご覧ください。

★注意事項

  • 接種期間を過ぎた場合は、全額自己負担となります。また、転居等で市内に住民登録がなくなった場合は、当市の案内ハガキを利用しての接種はできなくなりますので、転居等した市町村に連絡してください。

高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の一部を補助します(任意接種)

 市では、高齢者の重篤な肺炎の主な原因である肺炎球菌への感染予防に資するワクチン接種を促進するため、肺炎球菌ワクチン接種費用の一部を補助しています。

補助対象者

 接種日に市内に住民登録がある人で、次のいずれかに該当する人(過去に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある場合は対象外)

  1. 接種日において65歳以上の人
  2. 接種日において60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがある人(身体障がい者手帳1級または、1級程度であると医師が認めている場合に該当します。)

補助金額

1人1回 3,000円(生活保護受給者は1回7,500円)

※ただし、接種費用が補助金額に満たない場合、接種費用と同額を補助

申請方法

まずは、接種を希望する医療機関が市内指定医療機関であるかを、ご確認ください。

 

市内の指定医療機関で接種する場合

  1. 接種を希望する医療機関に直接予約
  2. 接種当日
    • 医療機関窓口で申請書を記入する
    • 医師の診察後、ワクチンの接種を受ける
    • 補助金額を差し引いた接種費用を支払う

 ◆持ち物

  • 運転免許証など本人確認(住所、氏名及び生年月日)ができるもの
  • 身体障がい者手帳(補助対象者2に該当する場合)
  • 生活保護受給者の場合は、生活保護受給証明書の原本(令和3年4月1日以降に発行されたもの)

市内の指定医療機関以外で接種する場合

  1. 接種を希望する医療機関に直接予約
  2. 接種当日
    • 医師の診察後、ワクチンの接種を受ける
    • 接種費用金額を支払う(全額)
    • 領収書(被接種者名、予防接種名、接種年月日、接種金額、医療機関名のあるもの)を受け取る
  3. 補助金交付申請
    • 市健康増進課へ下記必要書類を郵送する。(健康増進課窓口への直接提出も可)
      ※申請期限は令和4年3月31日までです。

 ◆必要書類

 1.申請書・請求書
 2.領収書(被接種者名、予防接種名、接種年月日、接種金額、医療機関名のあるもの)
 3.振込み先の分かるもの(本人名義の口座に限る)
 4.身体障がい者手帳(郵送の場合等級記載箇所の写し)又は身体障がい者手帳1級程度であると医師が認めた証明書 *「補助対象者の2.」に該当する場合のみ
 5.生活保護受給者の場合は、生活保護受給証明書の原本(令和3年4月1日以降に発行されたもの)
 6.申請者と被接種者(予防接種を受ける人)の住所が異なる場合のみ、申請者の運転免許証等身分証明書の写し(郵送の場合のみ)
 ※申請書・請求書は、健康増進課窓口で取り寄せもしくは下記「申請書」「請求書」それぞれのリンクからダウンロードして記入し、必要書類2、4、5、6を添付して郵送してください。 
 あて先:〒486-8686 春日井市健康福祉部健康増進課

注意事項

新型コロナウイルスワクチン等との接種間隔については、下記リンクをご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6168
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。