令和2年度交通安全イラスト入賞作品

ページID 1023836 更新日 令和3年1月29日

印刷大きな文字で印刷

令和2年度交通安全イラスト入賞作品

 市内の小・中学校の児童・生徒から応募いただきました交通安全イラストについて、審査の結果、21作品が優秀作品として決定いたしました。

【総評】
 新型コロナウイルス感染症の終息が見込めない中で、平常な心持ちでいることさえ大変ですが、「あおり運転」「ながらスマホ運転」の危険性を訴えるなど、交通安全への思いで命の大切さをイラストとして明快で丁寧な表現をしていただけたことが、未来へつなぐ児童生徒の皆さんのとてもすばらしい心の在り方を強く感じることができた、今回の全体の作品でした。
 応募していただいた518名の皆さんありがとうございました。

小学校低学年

【評】
 たとえ横断歩道でも、不用意に渡ってはいけないことを、シンプルだけれどしっかりとした描写で教えてくれる良い作品です。コピー文だけでなく、車や男の子の表情からもメッセージが伝わってきます。
  

小学校低学年

小学校高学年

【評】
スマホなどを使った「ながら運転」のテーマが今年も多かったです。その中でも外国の言葉をたくさん使ったこの作品が大変印象に残りました。世界中がこの問題で困っていることがわかるとてもよい作品となりました。

小学校高学年

中学校

【評】
 今年の交通問題で社会の中で大きく取り上げられた「あおり運転」。一般社会はもとより中学生として心に深く刺さったテーマだったと思います。
 ストレートな表現でイラストを描けたことが作者の大きな成果であり、テーマにしっかり反応できた作品でした。

中学校

※このページのイラストは、令和2年度に交通安全をテーマに募集したもので、優秀作品に選ばれたものです。
(学校及び学年は応募時点のもの)

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民安全課

電話:0568-85-6053
総務部 市民安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。