交通安全

ページID 1003492 更新日 令和2年10月5日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆様へ 交通安全のお願い

 愛知県の交通事故情勢は、年初から交通死亡事故が多発し、令和2年5月14日現在の交通事故死者数は61人と、前年同期と比べ15人増加するなど非常に厳しい状況となっております。
 市民の皆様におかれましては、悲惨な交通事故を1件でも減らすため、交通ルールの遵守、安全行動を心掛けていただくようお願いします。

交通安全

 昭和37年1月に「交通安全都市」を宣言し、交通安全意識の高揚に努めるとともに安全施設整備について、関係機関との連絡、調整を進めるなど積極的に事故防止に取り組んでいます。
 そして、市民の皆さんとともに交通事故のないまちづくりを進めるため、次のような施策を実施しています。

交通安全運動

 家庭・地域・職場からの交通安全の推進を目指し、市民一人ひとりの交通安全意識を高め、交通事故を防ぐため、春日井市交通安全推進協議会を中心に各種団体の協力を得て、毎年各季の交通安全運動などの啓発活動を実施しています。
 また、各区町内会の交通安全委員、関係機関・団体による「交通事故死ゼロの日」の街頭監視活動をはじめ、シルバーリーダー(高齢者交通安全指導員)、カンガルー(幼児交通安全)クラブ、交通少年団などの人たちの積極的な活動によって、交通事故防止を推進しています。

令和2年 各季の交通安全運動期間及び市民街頭大監視一覧

春の交通安全運動 4月6日(月曜日)から4月15日(水曜日)の10日間
             市民街頭大監視は、4月10日(金曜日)
                          原則として午前7時30分から午前8時30分の間
夏の交通安全運動 7月11日(土曜日)から7月20日(月曜日)の10日間
             市民街頭大監視は、7月15日(水曜日)
                          原則として午前7時30分から午前8時30分の間
秋の交通安全運動 9月21日(月曜日)から9月30日(水曜日)の10日間
             市民街頭大監視は、9月25日(金曜日)
                          原則として午前7時30分から午前8時30分の間
年末の交通安全運動 12月1日(火曜日)から12月10日(木曜日)の10日間
             市民街頭大監視は、12月4日(金曜日)
                          原則として午前7時30分から午前8時30分の間

毎月11日は「横断歩道の日」です

 「横断歩道の日」は、横断歩道を渡ろうとする歩行者への保護意識の醸成と、歩行者の横断歩道の利用促進を図る目的で定められています。

 ドライバーの方は、横断歩道を渡ろうとする人がいたら必ず一時停止して、歩行者に進路を譲りましょう。
 歩行者の方は、道路を横断するときは横断歩道を渡るようにし、また、横断するときは、左右はもちろん後方など周囲の安全を確認しましょう。

 誰もが安全に道路を通行できるよう、お互いに思いやりの意識を持って、安全運転、安全行動に努めましょう。

第10次春日井市交通安全計画

 車社会の急速な進展に対して、交通安全意識の欠如や交通安全施設の不足などから交通事故による死傷者が著しく増加してきたため、昭和45年に交通安全対策を規定した「交通安全対策基本法」が制定されました。市では、この交通安全対策基本法第26条に基づき、愛知県交通安全計画の制定を受け、「春日井市交通安全計画」を策定しています。
 平成28年度から平成32年度までを計画期間とし、「第10次春日井市交通安全計画」を策定しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民安全課

電話:0568-85-6053
総務部 市民安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。