空き家地域貢献活用事業補助金

ページID 1024869 更新日 令和3年7月31日

印刷大きな文字で印刷

令和3年度の申請受付は終了しました。

空き家の利活用をお考えの方は是非ご検討ください

次の方に費用を助成します

空き家を利活用して、地域貢献につながる事業を実施する方

対象空き家

交付申請日において、次のいずれにも該当する空き家

  • 1年以上使用されていない
  • 居住の用に供されていた
  • 戸建て

対象者

法人又は任意団体であって、次のいずれにも該当する者

  • 対象空き家の所有者又は賃借人(交付決定後30日以内に売買契約又は賃貸借契約を締結する者も含む。)
  • 暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者でないもの
  • 原則として、当該空き家で地域貢献につながる事業を5年間以上継続する者
  • 空き家を活用した事例として、市の広報やホームページ等で公表することに同意している者

※任意団体とは、3名以上で構成され、書面による規約等があり、団体名を含む口座名義となっている預貯金口座を保有している団体となります。

補助金額

補助対象経費の額(消費税及び地方消費税を除き、1,000円未満は切り捨てとなります。)
上限100万円

補助対象経費

空き家の改修工事に係る経費(DIYで行う経費も含みます。)

※改修工事とは、次の箇所の修繕、改修、補強、間取りの変更により、空き家の安全性及び機能性の維持又は向上のために行う工事となります。

  1. 台所、浴室、便所又は洗面所
  2. 給排水、電気、空調又はガス設備
  3. 壁紙又は床の仕上げ
  4. 屋根又は外壁
  5. 建具
  6. 空き家の耐震性

※耐震改修については、別の「耐震化への補助事業」を活用できる場合もあります。
 詳細は、建築指導課(0568-85-6328)に確認してください。

※次の経費は、補助対象経費となりません。

  1. 家具、家庭用電気機械機器の購入、設置等に係る経費
  2. 市の他の補助金の交付を受ける経費
  3. 申請者以外が支払った経費

申請日

令和3年6月14日(月曜日)から令和3年7月30日(金曜日)まで

交付決定にあたり、地域貢献につながる事業であるか審査します。
交付決定日は、8月下旬を予定しています。

制度の概要・手続き方法

制度の内容や手続き方法については、下記をご覧ください。

空き家地域貢献活用事業補助金を受ける方は下記もご覧ください

交付決定を受けた空き家を購入等する場合は、次の補助金を活用できます。

空き家を購入、改修するためにローンを組んだ団体

空き家を購入、賃借するために仲介手数料を支払った団体

要綱・申請書類

要綱

申請書類

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 住宅政策課

電話:0568-85-6572
まちづくり推進部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。