全県域汚水適正処理構想

ページID 1021272 更新日 令和2年8月31日

印刷大きな文字で印刷

全県域汚水適正処理構想

 全県域汚水適正処理構想とは、公共下水道や合併浄化槽などの様々な汚水処理施設について、今後の整備方針を示すものであり、市町村が作成した構想を県が取りまとめたものです。

 春日井市では、平成27年度に構想の見直しを行い、「公共下水道の整備」と「合併処理浄化槽への転換促進」の両輪で、より一層の汚水処理施設の普及促進を図ることを基本方針とし、平成37年度の汚水処理人口普及率94.8%を目標とした新たな汚水適正処理構想を策定しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

上下水道部 上下水道経営課

電話:0568-85-6347
上下水道部 上下水道経営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。