コロナ禍における町内会の総会の開催

ページID 1023517 更新日 令和3年5月7日

印刷大きな文字で印刷

コロナ禍での区・町内会・自治会の総会

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、区・町内会・自治会の総会の開催の是非や開催方法などについて、お問い合わせをいただいております。
団体の規約等に特段の定めがないか確認していただき、役員会等で十分協議のうえ進めてください。
区・町内会・自治会の会議の開催については、最終的には各団体においてご判断いただくことになりますが、閉鎖された空間での集会形式の会議は感染リスクが高まるため、以下の情報を参考に書面での表決や開催時期の延期等を検討していただきますようお願いいたします。

(注)認可地縁団体(法人化されている町内会)の場合、地方自治法第260条の13の規定により、通常総会を年に1回は開催する必要があります。

書面表決の進め方

書面表決の進め方や書類のサンプルを掲載しますので、地域の実情に合わせ、適宜修正してください。

【書面表決の進め方の一例】

  1. 「総会の開催案内」、「議案書(総会資料等)」、「書面表決書」を会員に配布する。
  2. 会員から「書面表決書」を提出してもらう。
  3. 総会(「書面表決書」の集計)を開催する。
  4. 議事録(会員の表決内容及び意見の記録)を作成し、回覧等で総会の結果を会員にお知らせする。

(注)不要なテキストボックスは削除してください。

やむなく集会形式で総会を開催する場合の注意点

やむなく従来の集会形式で総会を開催する場合には、次のような点にご留意ください。

  • 規模を縮小し、必要最小限の時間で、最小限の参加者にとどめて開催する。
  • 参加者のマスク着用、開催前のアルコール消毒や開催後の手洗いなどを徹底する。
  • 会場の換気を適宜行う。
  • 飲食は控える。
  • 熱や咳などの症状のある人、体調不良の人などは参加を控えるよう案内する。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民活動推進課

電話:0568-85-6617
市民生活部 市民活動推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。