所得税等の確定申告

ページID 1003360 更新日 令和2年1月10日

印刷大きな文字で印刷

例年、確定申告相談会場は大変混み合います。

会場の混雑状況により、受付を早めに終了する場合があります。
※春日井会場では、受け付けから申告相談までに4時間以上の待ち時間が生じることもあり、午後からの受け付けを断る場合もあります。

会場は大変混雑するため、自宅で申告書を作成し、e-Taxや郵送で提出することをおすすめします。

 

所得税及び復興特別所得税の確定申告

申告期限

令和2年3月16日(月曜日)

申告方法

国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」で作成

画面の指示に従って入力するだけで、24時間いつでも自宅で申告書が作成できます。

方法

申告方法

必要なもの

1

マイナンバーカードを利用して、e‐Taxで申告

マイナンバーカード、ICカードリーダライタ又はマイナンバーカード対応のスマートフォン

2

ID・パスワード方式を利用して、e‐Taxで申告

ID、パスワード
※申告者本人が、本人確認書類を持参して、税務署で発行します。

(昨年、申告相談会場でパソコンによる申告をした人には「ID・パスワード方式の届出完了通知」が発行されています。)

3

税務署に郵送

プリンター

(コンビニなどのプリントサービス(有料)でも印刷できます。)

ID・パスワード方式の届出完了通知
参考 ID・パスワード方式の届出完了通知

困ったときは、電話で確認ができます。

<作成コーナーの使い方について>

0570-01-5901 (e-Tax・作成コーナーヘルプデスク)

<確定申告の内容に関することについて>

0568-72-2111 (自動音声案内で「0」を選択)

確定申告書等作成コーナー入力手順

(画像)確定申告書等作成コーナー入力手順
確定申告書等作成コーナー入力手順

手書きで作成

手書き用の申告書が必要な方は、1月31日(金曜日)以降に次の施設で入手するか、小牧税務署に電話して郵送で取り寄せてください。また、国税庁ホームページからダウンロードすることもできます。

手書きの場合でも、インターネット上で計算した結果を書き写すと計算間違いがなく便利です。
  1. 市民税課(市役所2階)
  2. 坂下出張所
  3. 東部市民センター
  4. 味美ふれあいセンター
  5. 高蔵寺ふれあいセンター
  6. 南部ふれあいセンター
  7. 西部ふれあいセンター
  8. 中央公民館
  9. 知多公民館
  10. 鷹来公民館
  11. 坂下公民館  ※各施設とも数に限りがあります。
<確定申告書の郵送先>
 小牧税務署 〒485-8651 小牧市中央1丁目424番地 
 ※市役所2階市民税課窓口に税務署行きのポストを設置します(2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)。ただし、業務時間外及び日曜市役所開設時を除きます。)

会場で申告相談

確定申告相談会場は小牧市公民館です。

場所 小牧市公民館 (小牧市小牧2丁目107番地 小牧市市民会館南隣)
期間

2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)

(土・日曜日、祝日を除く。但し、2月24日(振替休日)、3月1日(日曜日)は開設)

受付時間:午前9時~午後4時

  • 申告相談の方で、「ID・パスワード方式の届出完了通知」を持っている方は、パスワードを控えて持参してください。

※混雑状況により、受け付けを早めに終了することがあります。

※なお、確定申告相談会場開設期間中は、小牧税務署内では申告書の作成指導を行っていません。

 

※人数・申告内容に制限がありますが、次の会場でも申告相談を行います。

場所 グリーンパレス春日井 (東野町字落合池1番地2)
期間

2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)

(土・日曜日、祝日を除く。)

午前9時~400人に達するか午後3時で受付終了となります。

一日の受付人数に限りがあるため、早めに受け付けを終了する場合があります。
次の点にご理解・ご協力をお願いします。

  • 1日の受け付け上限人数は400人です。
    「受付合計人数」と「待ち人数」はインターネットで確認できます。
  • 分離譲渡所得(「土地・建物」・「株式・先物等)、贈与税の申告相談は本会場ではできません。小牧市公民館のみの受付となります。
  • 税務署受付印の押印はできません。押印が必用な方は、小牧税務署か小牧市公民館に持参するか、返信用封筒(宛名、切手あり)を同封し、郵送で小牧税務署へ
  • 市民税・県民税申告は、本会場では受付できません。春日井市役所 2階 市民税課のみの受付となります。

 

<確定申告不要制度とは?>
公的年金等の収入金額の合計が400万円以下で、かつ、公的年金等以外の所得金額が20万円以下であれば、確定申告をする必要はありません。
ただし、所得税の還付を受ける場合は申告をしてください。
なお、確定申告の必要がない方でも、市民税・県民税の申告をして各種所得控除(医療費控除や生命保険料控除等)の適用を受けると、市民税・県民税を減額できる場合があります。

確定申告に必要な書類など

1 印鑑(朱肉を使うもの。スタンプ印は不可)

2 給与、年金所得に係る源泉徴収票

3 給与、年金以外の所得について収入金額及び必要経費のわかる帳簿書類など

4 障害者手帳、障害者控除対象者認定書、学生証など

5 医療費控除に係る明細書又は領収書

6 生命保険料控除、地震保険料控除に係る控除証明書

7 寄附金控除に係る受領証又は控除証明書

8 各種保険料(国民健康保険税(料)、介護保険料など)の支払額が確認できるもの 

9 国民年金保険料を支払ったことを証明する書類

10 申告者のマイナンバーを確認できる書類

11 申告者の口座番号等を確認できる書類

※春日井市に平成31年及び令和元年中に納められた金額のお知らせは、令和2年1月下旬頃、収納課から送付します。(収納課 電話 0568-85-6117)                                                   特別徴収分(年金から天引きされた保険税(料))については、令和2年1月中旬頃、年金保険者(日本年金機構等)から送付される源泉徴収票でご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課

電話:0568-85-6093
財政部 市民税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。