自動車臨時運行許可申請書

ページID 1018284 更新日 令和1年10月31日

印刷大きな文字で印刷

令和元年10月1日から申請方法が変更になりました。

<主な変更点>

1.申請書が新しくなります。

2.印鑑が不要になります。

3.法人申請の場合にも、窓口に来られる方の本人確認書類が必要になります。

※ご申請の際には、ご注意いただきますようお願い申し上げます。

内容及び注意事項
[内容]
自動車臨時運行許可制度は、未登録の自動車や自動車検査証(車検証)の有効期限の過ぎた自動車を新規登録や新規検査、車検切れ継続検査のため陸運支局等へ回送する場合に、予め運行の期間、目的、経路などを特定したうえで、特例的に運行を許可する制度です。
[注意事項]
  • 申請の受付は運行開始日の当日もしくは前日(閉庁日に当たる場合は、その直前の開庁日)からになります。
    (例:月曜日から運行する場合→土曜・日曜日が閉庁日のため金曜日から受付します。)
  • 運行期間は「運行期間及び注意事項」をご参照下さい。
  • 臨時運行許可証・臨時運行許可番号標は運行期間満了の日から5日以内(5日目が閉庁日の場合は、翌開庁日)に必ず返却してください。

 (期日に返却されないと、道路運送車両法違反で罰せられる可能性があります。)

手続方法等

[申請に必要なもの]

  1. 必要事項を記載した自動車臨時運行許可申請書(兼台帳)
    ※運行期間は「運行期間及び注意事項」をご参照下さい。
  2. 自動車の同一性を確認できる書類(自動車検査証、登録識別情報等通知書、自動車検査証返納証明書等)の原本(記入例及び注意事項参照)
  3. 自動車損害賠償責任保険(共済)証明書の原本
    ※保険期間が運行中有効なもので、必ず原本をお持ちください。保険期間の最終日は、午前12時(正午)までとなっているため、保険期間の最終日の運行は許可できません。
  4. 自動車運転免許証、特別永住者証明書など申請人の本人確認ができる書類(法人申請の場合は窓口に来られた方の本人確認書類)
  5.  ナンバー盗難による再交付手続きの場合は、警察署へ届出した盗難届出受理番号
  6.  再封印の手続きの場合は、封印がないことを確認できる写真(印刷したものをお持ち下さい)
手数料
1件 750円(現金)
受付窓口
財政部市民税課窓口
受付時間
午前8時30分から午後5時
(土日祝日、年末年始を除く)
備考
A4縦サイズで印刷してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課

電話:0568-85-6092
財政部 市民税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。