固定資産税とは

ページID 1003412 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

   土地、家屋、償却資産のことを総称して固定資産といいます(地方税法第341条)。
   固定資産税は、毎年1月1日に固定資産を所有している人に、その固定資産の価格をもとに算定された税額を、その固定資産の所在する市町村へ納めていただく税金です(地方税法第342条)。
   なお、毎年1月1日を賦課期日といい、固定資産評価の基準日としています(地方税法第359条)。

このページに関するお問い合わせ

財政部 資産税課

電話:0568-85-6101
財政部 資産税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。