個人住民税の特別徴収のご案内

ページID 1003366 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

個人住民税(市・県民税)の特別徴収とは、給与支払者が、所得税の源泉徴収と同様に、個人民税の納税義務者である給与所得者に代わって、毎月従業員に支払う給与から個人住民税を徴収し、納入していただく制度です。

地方税法第321条の4及び春日井市市税条例第41条の1の規定により、給与を支払う事業者は、原則として、すべて特別徴収義務者として個人住民税を特別徴収していただくことになっています。

特別徴収の事務

毎年5月に特別徴収義務者あてに「特別徴収税額決定通知書」をお送りしますので、その税額を毎月の給与から徴収し、翌月の10日までに各従業員の住所地の市町村へ納入していただきます。

納期の特例

従業員が常時10名未満の事業所は、申請により年12回の納期を年2回とすることもできます。

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課

電話:0568-85-6093
財政部 市民税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。