農業祭結果のお知らせ

ページID 1029041 更新日 令和4年8月25日

印刷大きな文字で印刷

夏作農産品コンクールを開催しました(7月8日)

市長挨拶
市長の挨拶
審査1
審査の様子1
審査2
審査の様子2

 令和4年7月8日(金曜日)に、尾張中央農業協同組合春日井中央支店で夏作農産品コンクールを開催しました。

 市内の農家65戸から151点の農産物が出品され、優秀賞2点、金賞4点、銀賞4点、銅賞4点が決まりました。

 今年の桃の作柄について、満開期は4月4日と近年より遅く、落ち着いたスタートとなりました。病害虫の発生は平年並みの状況でした。しかし、6月14日に梅雨入りし、わずか2週間後の6月27日に梅雨が明けました。空梅雨後の1週間は猛暑が続いたため、樹への負担が大きく、やや小玉傾向となりました。また、生産者の方も大変暑い中での栽培に苦慮した年となりました。

 このような状況の中で、出品物の最高糖度が14.6度と、高い糖度となりました。また、出品された果実は、全体的に外観、着色、玉揃いなども良く、品質の良いものが数多くみられ、皆様の努力と高い技術がうかがえました。

 野菜について、入賞作品の傾向は次のとおりです。

  • 根菜類・イモ類:ボリューム感があり、形状、揃いが良いもの
  • トマト:形がよく、病害虫や傷がない、玉揃いが良好なもの
  • キュウリ:緑色が濃く、光沢があり、病害虫や傷がない、曲がり果の無いもの
  • ナス:果皮に光沢があり、着色もよく、つやのあるもの、ヘタ割れや果皮にボケのないもの
  • ピーマン:果実の緑色がよく、色つやがあり、病害虫のないもの

 受賞者の皆さま、おめでとうございます。

ぶどうコンクールを開催しました(8月22日)

審査1
審査の様子1
審査2
審査の様子2

令和4年8月22日(月曜日)に、尾張中央農業協同組合春日井中央支店でぶどうコンクールを開催しました。

市内の農家12戸からぶどう31点が出品され、優秀賞1点、金賞4点、銀賞3点、銅賞3点が決まりました。

今年のぶどうの生育状況は以下のとおりです。

  • 冬から春にかけて平年並みの気温であり、芽吹きは平年並みでした。
  • その後、4、5月に気温が高く、開花は早まりました。
  • また、5月は雨が多く、黒とう病などの病害も見られました。
  • 梅雨明けは平年より22日早い6月27日でありながら、7、8月は降雨が続きました。
  • 6月下旬の高温で日焼け果の発生が非常に多くなり、成熟期の降雨で烈果が発生しました。

このような異常気象により、栽培管理には大変な苦難があった年だと思います。そうした中で出品されたぶどうは、優れたものが多く、生産者の方の努力が感じられるものでした。 

受賞者の皆さま、おめでとうございます。

過去の農業祭

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

産業部 農政課

電話:0568-85-6236
産業部 農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。