第2回東部市民センターホールピアノ購入機種選定委員会議事要旨

ページID 1021774 更新日 令和2年8月7日

印刷大きな文字で印刷

1 開催日時

令和2年6月30日(火曜日)午後2時~3時

2 開催場所

東部市民センター 3階 多目的室

3 出席者

委員

コンサートグループ花の詩

(かすがい市民文化財団評議員)

代表 和田 美里

春日井市民音楽連盟

(かすがい市民文化財団評議員)

会長 日比野 尚敬
かすがい市民文化財団 理事 梶田 美香
事務局 文化スポーツ部 部長 上田 敦
文化スポーツ部東部市民センター 所長 渡辺 克匡
所長補佐 田中 昭匡
主査 小山 雄司
主任 二瀬 拓也

 

4 議題

ホールピアノ機種選定について

5 会議資料(別添資料)

6 議事内容

(1)各委員からの意見
ア)機種選定について
和田   美里  委員 スタインウェイ
日比野 尚敬 委員 スタインウェイ
梶田 美香  委員 スタインウェイ

イ)文化が育つ拠点にふさわしい理由
和田美里  委員
・東部市民センターのキャパシティ500人は、ピアノコンサートを行うのに条件良いホールである。
・キャパシティが500人のホールは、春日井市には東部市民センターしかなく、一番発信しやすいホールである。
・市民の発信の場としても、市内外からプロを呼んで文化芸術を高めるためにも、ホールの大きさから見て一番適したホールである。
・ある程度のキャパシティがないと採算が取れない。大きすぎると集客が大変である。

日比野尚敬 委員
・国産製品も国際的レベル以上の品質を生産していると思われるが、現状は未だ世界の名器と言われる製品が望まれている現状である。

梶田美香  委員
・スタインウェイは、世界最高峰のピアノメーカーと言われていますが、その理由は音質の良さはもちろんですが、どのような楽曲に対してもその力を存分に発揮する万能性があります。万能な楽器ですべての文化的ニーズに応えてくれることが期待されます。

ウ)音質面について
和田美里  委員
・音色については、どのピアノも弾き手の好みがあるかと思いますが、音の迫力と力強さ、音の響き、華やかさ、特に表現の多彩さはスタインウェイならではと思う。

日比野尚敬 委員
・タッチが軽快で、感触が良い。
・響きも柔らかで奥深いように思われる。

梶田美香  委員
・響きの良さ、特に低音の良さ。
・ピアノは、低音の響きによって高音域の響きが創られるので、ピアノの命とも言える。
・また、良い楽器は良いプレーヤーを育てるので、音質の良い楽器で春日井市から有能なアーティストの輩出も期待できる。

エ)保守面について
和田美里  委員
・快適なピアノのための3つの条件として
1.良質なピアノ
2.丁寧な調整(整調、調律、整音)
3.適切な空調管理(温度と湿度)
の3つが必須で、どの1つが欠けても弾いて気持ちが良い快適なピアノにはならない。そのため、楽器保管庫を設置(楽器保管庫の温度と湿度の管理)して、保守点検の調律師にしっかりメンテナンスをしていただく必要がある。

日比野尚敬 委員
・ドイツやアメリカで生産されるため、日本の多湿気候に微妙に楽器自体に変化が予想されるため、外気調整の保管庫が望まれる。

梶田美香  委員
・松尾楽器は、スタインウェイの管理について絶大な信頼を持っている。楽器とは長い付き合いになるので、メンテナンスは欠かせない。
・また、楽器と長く付き合うことで音質の良さもさらに向上するので、保守も芸術活動の一環である。

オ)総合的な判断について
和田美里  委員
・立地条件のそろった良いホールなのに残念なことに音響(残響)があまり良くないことを考えると、多彩な音色、強くて伸びる音を出してくれる。そして華やかでホールの隅々まで届くことができるスタインウェイは演奏者を安心させてくれるピアノではないかと思う。
・良いピアノ、良い音響のホールは演奏家の表現力を引き出し、想像力を伸び伸びと広げる手助けをしてくれ、聴衆の五感も満たして感動を共有する手助けをしてくれる。
・多くの演奏家が好むスタインウェイが、このホールでは一番力を発してくれるピアノである。

日比野尚敬 委員
・スタインウェイは、ステージの大きさやホールの環境整備の整った会場にふさわしいピアノだと思う。
・市民に快く愛されるホールになると思う。

梶田美香  委員
・東部市民センターが、文化の拠点として機能していくためには、スタインウェイのフルコンサートグランドピアノが必要だと判断する。ただし、現在あるヤマハのピアノと2台を維持管理することは非現実的だと感じる。

(2)その他
ア)保守管理について
・保守管理は芸術的活動の一環であるため、保守管理に関して引継ぎを確実に行うべきである。
・調律とは別に、定期的に弾き慣らしをするのが望ましい。ピアノは弾き込むことで音が出てくる。使用予定がない期間は若い音楽家等に開放、または専属で弾き込みを依頼することも有効である。
・ピアノの調律は技術があればできるが、特定の機種はその機種に対して熟知した調律士が必要。調律の仕様について可能であれば限定すべきである。
・調律の内容によってはピアノの状態が悪化するので注意が必要である。

イ)既存のピアノ(ヤマハ)について
・東部市民センターは2台管理する場所がない。

上記のとおり第2回東部市民センターホールピアノ購入機種選定委員会の議事の経過及びその結果を明確にするためにこの議事録を作成し、出席者3人が署名する。
令和2年6月30日

委 員 和田 美里
委 員 梶田 美香
委 員 日比野 尚敬

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 東部市民センター

電話:0568-92-8511
文化スポーツ部 東部市民センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。