石尾台朝のラジオ体操会

ページID 1011717 更新日 平成29年12月22日

印刷大きな文字で印刷

市政座談会開催状況

石尾台朝のラジオ体操会との対話の様子

開催日

平成29年10月24日(火曜日)

場所

市役所5階 庁議室

参加者

石尾台朝のラジオ体操会

対話内容

参加者
 ラジオ体操は健康の維持に、誰でも取り組みやすい運動だと思います。多くの市民が健康であることで、色々なことを助け合っていけると思います。毎朝6時30分にそれぞれの町内で小学校に集まり、ラジオ体操をして語らって、活気のあるまちになるといいなと思います。春日井を「ラジオ体操のまち」にしていただきたいです。
 市民にラジオ体操を普及させる一つとして、希望のある地域のみ、小学校のグラウンドで毎朝6時30分に自動でスピーカーからNHKのラジオ体操を流していただけるといいなと思います。
市長
 春日井市は、市制70周年にラジオ体操を広めようと、毎年8月第1日曜日を「ラジオ体操の日」と定め、今年は藤山台小学校と牛山公園で「みんなでラジオ体操会」を行いました。また、各地域のスポーツ推進委員の皆さんや健康体操をやっている人達に集まってもらい、ラジオ体操のやり方など基本的なことを多くの人に知ってもらうための講習会なども行っています。
 市全体でラジオ体操を広めようと取り組んでいる市は他ではほとんど無いと聞きましたので、市としても広げていきたいと思っています。全てを把握しているわけではありませんが、落合公園では市制65周年の時にラジオ体操を始めて、10年目を迎えています。他にも三ツ又公園や朝宮公園などで活動している人もいます。町内会や子ども会などに声を掛けて、夏休みに入ったら子ども達と一緒にやりましょうというところから輪を広げていきたいと思っています。スピーカーについては、相談していきたいと思います。
参加者
 雨降りの日に小学校の体育館を貸していただけないでしょうか。
市長
 体育館については、自分達の活動をより良くするためのお話として受け止めさせていただきました。スピーカーのお話とともに、相談していきたいと思います。
参加者
 タウン石尾台には「みどりのボランティア」という地域の木を切ったり、芝生やサツキをきれいにしたりと活動をしている団体があります。そのボランティアとラジオ体操の仲間で年3回、運動会前、夏まつり前、長寿会前に小学校へのお礼として、自発的にみんなで集まって伸びている草をきれいにしています。参加した人達は、嫌な顔を一つせず、一生懸命に草刈をしています。そんな現状のお知らせをさせていただきました。
市長
 いつもありがとうございます。
 草を刈った後の処理や草刈りの道具など、協力が必要なことがあれば、学校に相談していただければと思います。
参加者
 子ども達への贈り物として「昆虫の森」を提案します。
 都市緑化植物園で子ども達がもっと楽しく遊ぶことができるようにするために、3つ考えました。
 1つ目は、小屋を建てカブトムシや蝶々などの昆虫を飼育、放し飼いにして、昆虫に触れたり、観察したりできるようにする。
 2つ目は、中央にあるバラ園の花壇の周りに食草園を作り、蝶々などを観察できるようにする。
 3つ目は、雑木林の近くにある池に水草を育て、トンボ池を作る。
 「昆虫の森」ができれば、自然に子ども達や家族が集まるようになり、ニュータウンの少子高齢化に歯止めがかかるかもしれないと考えました。
市長
 「昆虫」ということを一つの核にして、子ども達が遊ぶ、体験する、また結果として大人も一緒に楽しむ。それが高蔵寺ニュータウン全体の活性化につながるという話として受け止めさせていただきました。
 「昆虫」のことに対してどう取り扱うかについては、すぐに話をできませんが、10月に高蔵寺まちづくり株式会社を設立しました。また、高蔵寺リ・ニュータウン計画を策定し、色々な取り組みをしています。
 都市緑化植物園、少年自然の家の周りは、皆さんが来てくださる素晴らしい環境です。今以上に近郊の市からも、より多くの皆さんが訪れ、散策などを楽しんでもらえるエリアにできないかというテーマがあります。
 色々な想いをもっている方がいらっしゃいまして、ホタルを一生懸命に育てている方からは「都市緑化植物園にホタルの里ができればいいよね。」というお話もいただいています。「昆虫の森」の話は、一つの良い提案として聞かせていただきました。
 これからも色々な人達のご意見も参考に聞きながら進めていきたいと思っています。
参加者

 高蔵寺ニュータウンの高齢者の殆どは病気になると、徳洲会病院か東海記念病院へ行きます。石尾台から徳洲会病院へ名鉄バスで行くには、高蔵寺駅のバスターミナルで降りて、そこから歩くと健常者の方でも10分前後はかかります。この距離が病気である高齢者にはきついです。経路を少し変更して病院前にバス停を設置し、平日の午前中のみ30分に1本程度、停車していただけるよう名鉄バスへ要望したいと思っていますので、市としてもご支援いただきたいです。

市長
 徳洲会総合病院が、JRの線路の南側から北側に移ったことで、色々なご意見を伺っています。名鉄バスとは年2回くらい話し合う機会があります。そういう機会を使って、市としてもお話したいと思います。

活動を通しての感想

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6036
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。