地域等の自慢できるところ、好きなところ(中部地区)

ページID 1018274 更新日 令和1年9月18日

印刷大きな文字で印刷

地域等の自慢できるところ、好きなところ(中部地区)

八幡小学校

地域のボランティアさんの写真

私の住んでいる校区の好きなところは、「地域のお年寄りの方々が、進んでボランティアに参加してくださるところ」です。毎日私たちが安全に登下校できるように、見守ってくださっています。ボランティアの方々は、とても元気で優しい方々なので、一緒に楽しい話をして登下校できるのが毎日の楽しみです。他にも、学校に桜の木を植えたり、落ち葉を集めたりしてくださるので、とても感謝しています。

丸田小学校

宮東公園の写真

私がよく遊んでいる公園は、「宮東公園」です。通称「えんぴつ公園」と呼ばれています。私たちの学年の子は、この公園でよく遊んでいます。宮東公園には、すべり台などがついた大きなコンビネーション遊具があり、その反対側には広場があります。だから、おにごっこやかくれんぼなど、いろいろな遊びができて楽しいです。男女問わずみんな仲良く遊んでいます。

篠原小学校

少年自然の家の写真

私は、祖母の家の近くにある「少年自然の家」の景色が心に残っています。いつもは春日井駅の近くに住んでいて、出かけるところも都会的なショッピングモールなどです。だから春日井市の自然をたんのうしたことがありませんでした。5年生で初めて自然の家に行った時、息を吸うたびに体中がおいしい空気で満たされているのを感じ、とても感動しました。多くの木々に囲まれて生活すると、心が落ち着くということを体験しました。この美しさと雰囲気は次世代にも受け継いでいきたいと思いました。

東野小学校

落合公園の写真

東野小学校の校区には、「落合公園」があります。春は桜がきれいで、花見をする人がたくさんいます。5月はいろいろなものを作ったり職業体験をしたりすることができる「わいわいカーニバル」が行われ、私は毎年友達と一緒に参加しています。夏は「春日井市民納涼まつり」が開催されて大にぎわいです。秋は地域のイベントでスタンプラリーをしながら歩く「歩け歩け大会」も行われます。東野小学校でも、他学年と交流する「仲良し大集会」で、落合公園でクイズラリーを行っています。このように落合公園は、一年中たくさんのイベントがあり、季節が感じられる場所です。たくさんの楽しい思い出がある落合公園は、私にとって大切な場所になっています。

上条小学校

王子のバラ園の写真

上条小学校の校区の自慢できるところは、「王子のバラ園」です。上条小学校の隣には王子製紙の工場があります。その敷地に様々な種類のバラが植えられているバラ園があります。そこには10種類以上の色とりどりのバラがあり、春になるとバラ園の周りにはバラのいい香りがかおってきます。上条小学校では、1年生の生活科の授業でバラ園を見に行きますが、バラが咲く時期になると上条小学校の校区外の人たちも、多くバラ園に来ています。私も毎年バラ園に行き、春を感じています。また、バラ園では大きくなったバラを、持ち帰り用としてバケツに用意してくれていて、持ち帰ると家でもゆっくりバラのいい香りを楽しむことができます。暖かい空気の中で見るバラも、家の中でゆっくり落ち着いて見るバラも、私は大好きです。

柏原小学校

天王公園の写真

普段遊んでいる「天王公園」は、広くていろいろな遊具があります。ぼくは広場で友達と鬼ごっこをしたり、ドッジボールをしたりして遊んでいます。また、遊具を使って登ったり、もぐったりしています。小さい子どもを連れた親たちも砂場で遊んでいます。夏休みにはここで盆踊りが行われます。大人も子供たちもたくさん集まってにぎやかになります。天王公園にはたくさんの木々があります。春には桜が咲いて花見をしている人を見かけました。夏場は日影がたくさんできているので、涼しくてたくさんの子どもが遊びに来ています。こんな天王公園は近隣住民の憩いの場になっています。

西山小学校

桃畑の写真

私は「桃畑」が大好きです。桃山町という町名の由来になるほど、桃山町は桃が有名です。皆さんは、とれたてのみずみずしい桃を食べたことはありますか。桃山町には、桃の直売所がたくさんあり、新鮮な桃を食べることができます。みずみずしい桃は、とてもおいしいのでぜひ食べてみてください。そんな桃山町で、桃の収穫ができない時期がありました。大きな台風「伊勢湾台風」がきたからです。台風は桃山町にも大きな被害をもたらし、桃の木が倒れてしまい、桃を栽培できなくなりました。そのため、新たに木をやり直し少しずつ栽培できるようになり、今では桃山町のシンボルの1つになりました。私は台風でたおれても、人々の心にしっかりと根をはり、食べても幸せな気持ちになれる桃が大好きです。

松原小学校

六軒屋公園の写真

私は近所の「六軒屋公園」で小さい頃から遊んでいます。この公園は、夏休みにプールを無料開放したり、グラウンドの広さをいかして地域の運動会でにぎわったりしています。その影響もあり、小さい頃から公園が好きでした。そこで、近くに公園がどのくらいの数あるのか気になったので、校区内の公園の数を調べてみることにしました。すると、合計13か所と結構たくさんあることがわかりました。1つ1つは小さいですが、至るところにあるので気軽に遊べてとても気に入っています。

篠木小学校

篠木小学校のなかよし広場の写真

ぼくがいつも遊んでいて好きな場所は、「篠木小学校のなかよし広場」です。なぜこの場所が好きかというと、1~6年生までみんな一緒に遊べるし、いつも友だちと一緒に遊んでいるからです。遊具がたくさんあり、その中でもいつも遊んでいるドカンや、なかよし広場全体を見わたせる滑り台がお気に入りです。また、草木もいっぱい生えています。歩いているだけで、心も和みます。だから、ぼくはこの場所がお気に入りで大好きです。

鳥居松小学校

落合公園の写真

私の思う春日井市で自慢のできる場所は、「落合公園」です。私は今までこんなに大きな公園を見たことがありません。小さい頃、落合公園に来るたびに、その広い地面を駆け回っていました。私のお気に入りの場所は、フォリー水の塔と花火大会のときに催し物が行われるやぐらです。水の塔では、階段を駆け上がっていき、水の遊びをたくさん楽しみました。花火大会のときに現れるやぐらでは、幼稚園の頃に盆踊りを踊ったことがあります。毎年毎年、たくさんの人の笑顔でいっぱいになる落合公園が私は大好きです。

市長

西部地区でもありましたが、中部地区の小学校のお友達が住んでいるところには、すぐ近くの公園だけでなく、落合公園といった大きな公園や少し離れていますが、少年自然の家のことをお話ししてくれました。
皆さんが春日井市内でいろいろな想いをもって、勉強したり、遊んだり、運動していることが伝わってきました。
八幡小学校のお友達は、ボランティアの子ども応援団のことをお話ししてくれました。つい先日、新聞にのりましたが、子どもたちの安全をどうしたら守れるのだろうかということについて座談会をやりました。市長さん、春日井警察署長さん、PTA会長さん、子ども応援団地域のおじさん・おばさん、ボニターさんで話し合いました。10月1日号の広報に座談会の内容が出る予定です。まさに春日井市は地域の方々やボランティアの人たちが、高齢者だけでなく、子どもたちも、それぞれの立場で地域に暮らす人たちのために、いろいろなことをやってくれています。その中の一つが登下校の見守りであるということを覚えておいてくれるとうれしいです。地域の方々やボランティアさんは、本当に一生懸命やってくださっているということを八幡小学校のお友達は話してくれました。
丸田小学校や松原小学校のお友達は、自分たちの住んでいるすぐ近くにある公園を、お友達や家族で、あるいは地域の人たちと楽しんでくださっていることが、よく伝わってきました。
篠原小学校のお友達は、春日井駅の近くに住んでいるとのことですが、おばあさんの家の近くにある少年自然の家の話をしてくれました。春日井市はにぎやかなところもあるし、自然もあるし、本当に住みよいまちだと思います。その中の一つに少年自然の家があります。少年自然の家は、みんながキャンプをすることができる場所です。春日井市は都会と自然が調和していることが大きな財産です。
東野小学校と鳥居松小学校のお友達は、落合公園をあげてくれましたね。
このあたりは、区画整理という地域の人たちがみんなでまちを整えようと努力してくださったおかげで、落合公園ができたということを覚えてもらうといいなと思います。
落合公園は、市長さんの家から歩いて10分くらいのところにあるので、今朝も30分くらい散歩しました。
上条小学校のお友達がお話ししてくれた、王子のバラ園は本当に見事です。市長さんもよく見に行きます。少し難しい話になりますが、王子のバラ園のあるところには工場がありますし、春日井市内には他にも会社や工場がたくさんあり、それぞれの会社が地域の中で一緒になって清掃やお祭りなど、いろいろなことをしてもらっています。その一つが王子のバラ園でもあると思います。
柏原小学校のお友達は、身近にある公園の天王公園をお話ししてくれました。まさに、春日井市には公園がいっぱいあるよということです。
西山小学校のお友達は、桃畑のお話をしてくれました。伊勢湾台風の時に桃畑がみんな倒れてしまい、そのあとにどうしようかをみんなで考える中で、じゃあサボテンをやろうじゃないかということになり、サボテンのまち春日井が生まれました。今、サボテンを育ててくださっている方々も地域の皆さんです。ちなみに、市長さんの家も子どもの頃に桃畑がありましたし、今の春日井インターの近くも桃畑が広がっていました。子どもの頃にじいちゃん、ばあちゃんに連れられて桃をちぎったことを覚えています。春日井市は果物も盛んだよということを覚えてもらうことは、昔から今にかけての地域を知る一つの勉強になるかなと思っています。
松原小学校のお友達が話してくれた、六軒屋公園の運動会に毎年行っています。地域の皆さんが公園で運動会をやって楽しむ、あるいはグラウンドゴルフをやって元気に過ごす、そういう身近な公園だということです。
篠木小学校は、明治時代にできた小学校です。お友達が発表してくれた、なかよし広場は地域の人たちが草刈りなどをしてくださっている、みんなで一緒になかよし広場を運営していることを覚えてもらうといいなと思います。
鳥居松小学校のお友達は、落合公園の話をしてくれました。春日井市内には大きな公園、小さな公園がたくさんありますが、皆さんが楽しんでくださっているということ、また皆さんの努力できれいになっていることを覚えていてください。地域の皆さんが協力してくださっていることが、それぞれの学校の皆さんの発表から伝わってきました。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6037
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。