地域等の自慢できるところ、好きなところ(市長)

ページID 1018277 更新日 令和1年11月28日

印刷大きな文字で印刷

地域等の自慢できるところ、好きなところ(市長)

約49年前の落合池上空の写真

約50年前の落合池の写真


約56年前の落合池遊園地の写真

私は落合公園が思い出の場所です。このあたりは昔、果樹園で桃畑が広がっていました。皆さんは桃を皮ごと食べられますか。私は皮をむかずに食べられます。子どもの頃に桃畑に行くと飲み水がすぐそばにないので、両親や祖父母が桃をちぎってそのままかぶりついていたのを見て、私も同じようにしていました。だから、桃を皮ごと食べることには全然抵抗がないんです。落合公園ですが、昔は落合池と言っていました。その後、区画整理でまちづくりが行われて今のような公園になりました。今日、皆さんがいつも遊んでいると発表してくれた公園は、区画整理によってできたものが非常に多いです。市内には昔から長い歴史のある公園や落合公園のように比較的新しくできた公園もあります。約50年前の落合公園は池が広がっており、そこにボートが浮かんでいて落合池遊園地と言われていました。私は、篠木小学校に通っていましたが、小学校で写生大会にこの落合池へ行っていました。池にはボートが置かれていたので、ボートに乗ってこいだことを思い出します。落合池遊園地では、いろいろと遊びました。そんな池が区画整理によって公園に整備され、今では日本の都市公園百選に選ばれるような景観が美しい公園になりました。落合公園には、子どもの頃に遊んだ思い出があり、今では毎日のように散歩したり、春はわいわいカーニバル、夏は花火大会が行われたりしています。そして、公園の桜の木は50年前にはまだ小さかったですが、今はすごく大きくなって花を咲かせています。こういう樹木も大切にしないといけないということを思っています。余談ですが、今、ふと思い出しました。子どもの頃は、この落合池は夏休みになると魚釣りをしたり、泳いだりしていました。なにせ、プールがなかった時代ですから、ここで泳いでいました。そんな思い出の場所です。
市長さんも皆さんのお話を聞いて、今、何気なく歩いている落合公園の昔を思い出し、昔からずいぶん変わった思い出の場所であることを感じています。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6037
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。