高蔵林地区計画

ページID 1008762 更新日 平成29年12月12日

印刷大きな文字で印刷

高蔵林地区計画

名称
高蔵林地区計画
位置
春日井市高座町字高蔵林の一部

面積

約3.6ヘクタール

区域の整備・開発及び保全の方針

地区計画の目標

高蔵寺ニュータウンの南部に隣接し、JR東海中央本線高蔵寺駅の北東約500メートルに位置した本地区について、高蔵寺ニュータウン地区と整合のとれた開発として緑を多く取り入れた中低層の住宅地とすることを目標とする。

土地利用の方針

南斜面を利用した良好な住宅地として、一体的に利用する。
共同住宅の建築に際しては、階段状住宅の建築を誘導する。

地区施設の整備方針

公園、緑地を適正に配置し整備する。

建築物等の整備の方針

宅地の細分化等による環境悪化を防止するため、敷地面積の最低限度を定めるとともに、日照、通風を確保するため、建築物の高さの最高限度を定める。

地区整備計画・建築物等に関する事項

建築物の用途の制限

次の各号に掲げる建築物は建築してはならない。

  1. 病院
  2. 畜舎
  3. 店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するもので、その用途に供する部分の床面積の合計100平方メートルを超えるもの

建築物の敷地面積の最低限度

200平方メートル

建築物の高さの最高限度

12メートル

建築物の壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線(隅切部分は除く)までの距離(以下「後退距離」という。)は、1メートル以上とする。
ただし、物置、車庫その他これらに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、後退距離の限度に満たない部分の床面積の合計が5平方メートル以内の建築物又は建築物の部分は除く。

かき又はさくの構造の制限

道路に面するかき又はさくは、生垣あるいは透視性のフェンス、鉄さく等とし、ブロック塀等これらに類するものは設置してはならない。
ただし、フェンス等の基礎で、ブロック等これらに類するものの高さが0.6メートル以下のもの、又は門柱にあってはこの限りではない。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 都市政策課

電話:0568-85-6265
まちづくり推進部 都市政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。