【事前周知】春日井市立地適正化計画(居住誘導区域)に伴う届出制度について

ページID 1012103 更新日 平成30年2月1日

印刷大きな文字で印刷

届出制度の概要

届出の目的

届出は、居住誘導区域外における住宅等の開発・建築の実態を把握することを目的としています。

届出の対象となる行為

居住誘導区域外で、住宅等を対象に以下の開発行為・建築行為を行おうとする場合には、原則として市への届出が義務付けられています。

<開発行為>

  • 3戸以上の住宅等の建築目的の開発行為
  • 1戸又は2戸の住宅等の建築目的の開発行為で、その規模が1,000平方メートル以上のもの

<建築行為等>

  • 3戸以上の住宅等を新築しようとする場合
  • 建築物を改築し、又は建築物の用途を変更して3戸以上の住宅等とする場合

届出の時期

届出は、開発行為等に着手する30日前までに必要となります。なお、届出内容を変更する場合も、変更に係る行為に着手する日の30日前までに届出が必要です。

平成30年3月30日以降に着手する場合は都市政策課までご相談ください。

届出様式・記入例

春日井市立地適正化計画(案)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 都市政策課

電話:0568-85-6264
まちづくり推進部 都市政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。